札幌市、「雪まつり」にあわせた独自の宿泊割引・市内観光施設の無料化。2021年2月にキャンペーン

スポンサーリンク

Traicyより。札幌市は、2021年の「雪まつり」開催にあわせた観光需要の喚起策として、市独自の宿泊割引や、飲食店で使えるクーポンの配布、市内観光施設の入場料等を無料化するキャンペーンを実施する。キャンペーン予算は約30億円。

■Go To キャンペーン後の観光需要喚起策
Go To キャンペーン後の観光需要喚起策
掲載元:https://www.city.sapporo.jp/zaisei/kohyo/yosan-kessan/r2/documents/covid-19_kinkyuutaisaku5_0916.pdf

■札幌市独自の観光需要喚起キャンペーン
期間:2021年2月1日〜2月28日
宿泊割引:5,000円×40万人(6,000円以上の宿泊)
飲食店で使えるクーポン:2,000円×40万人
観光施設の入場料無料:時計台、テレビ塔、藻岩山、大倉山、羊ヶ丘展望台など

■羊ヶ丘展望台
羊ヶ丘展望台

■大倉山展望台
大倉山展望台

さっぽろ雪まつり:大雪像の製作なしで実施の方向

札幌市では、2020年の夏にも同様のキャンペーンを実施した。今回の第2弾キャンペーンは「さっぽろ雪まつり」のイベント開催期間にあわせて実施する。

2021年の「さっぽろ雪まつりは」、大雪像の製作を行わずに規模を縮小して開催する方針。

「さっぽろ雪まつり」の公式Webサイトでのイベント告知は以下にて。

さっぽろ雪まつり 公式WEB
さっぽろ雪まつり 公式WEB

2021年(令和3年)開催予定の第72回さっぽろ雪まつりについては、大雪像の制作を行わず、規模を縮小しての開催を現在検討しております。
実施内容については、10月末を目途に当ホームページにてご案内させていただきます。