ソフトバンク、オンライン売上が前年比2倍以上に、Y!mobileは約600万契約に

スポンサーリンク

ソフトバンクは、2020年12月22日(火)に新プランの発表会を開催。

発表会の中では、新型コロナウイルスの感染拡大などの影響もあり、ソフトバンクとY!mobileのオンライン販売実績(詳細は不明)が、前年比で200%以上伸びていることが明らかに。

■ソフトバンクとY!mobileのオンライン販売実績(詳細不明)が前年比200%以上
ソフトバンクとY!mobileのオンライン販売実績(詳細不明)が前年比200%以上

携帯電話の大手3社の中で、オンライン販売の伸びに関する具体的な数値が出てきたのは(おそらく)ソフトバンクが初めて。詳細な説明が無かったため、機種のみの販売数なのか、アクセサリなどを含めた売上件数なのかは不明ながら、公式オンラインストアでの販売が好調な模様。

なお、ソフトバンクおよびY!mobileは公式オンラインストアで契約時の事務手数料をキャンペーンで無料化しており、2021年春にはこれをオンライン限定で完全無料化する。

その他、「SoftBank on LINE」などの新プランの発表にあわせて、Y!mobileは契約者数が600万契約を突破したことが明らかに。

発表会の様子は、YouTubeで公開されている。
ソフトバンク株式会社 新しい料金サービスに関する発表会(YouTube)

ソフトバンク、Y!mobileの公式オンラインスストアは以下にて。