GoToトラベル、緊急事態宣言再発を受け2月7日まで全国で停止

スポンサーリンク

観光支援事業「Go To トラベル」は、緊急事態宣言の発令を受け、事業の停止期間を2021年2月7日まで延長することを発表。

既に「Go To トラベル」の適用を受けて予約済みの旅行についても、助成の対象外とし、予約済みの旅行のキャンセル料は無料とする。

2021年1月7日(木)に、1都3県を対象に発令された緊急事態宣言に関連する対応は以下にて。

緊急事態宣言に伴う全国的な旅行に係るGo To トラベル事業の取扱いについて | 旅行者向け Go To トラベル事業公式サイト

(1)新規予約・既存予約の取扱い
新規予約・既存予約を問わず、全国において、1月12日(火)から2月7日(日)までの間、本事業の適用を一時停止します。
※2月1日(月)以降の旅行・宿泊商品については、従来より、本事業を 適用した販売は認められていません。

Go To トラベル:事業停止の概要

■事業の停止期間
2020年12月28日〜2021年1月11日2月7日

■対象エリア
47都道府県
※緊急事態宣言の対象外エリアも事業停止の対象

■新規・既存予約の取扱
・新規予約の受付停止
・既存予約に対する割引(助成)の停止

■予約済み旅行のキャンセル料
1月17日(日)までのキャンセルで無料

「Go To トラベル」事業は、2021年1月31日まで実施される事業のため、事業の延長がない場合にはこの措置によって終了となる。ただし、事業に参加する宿泊施設など向けには2021年2月末まで延長を予告するなど、事業を延長する方針で検討が進められていた模様。