GoToトラベルを6月末まで延長の報道、割引率の段階的な引き下げや週末の割引減少も検討

スポンサーリンク

政府は、2021年1月末までの期間で実施中の「Go To トラベル」について、事業終了後の極端な需要の落ち込みを回避する目的で、段階的に割引率を引き下げや、休日・平日で割引率に差をつけるなどの変更を行いながら、事業期間を延長する方針と報道されている。

報道によると、Go To トラベルの期間延長は12月8日に取りまとめる緊急経済対策に盛り込む方針で、週明け以降に公式発表が行われる可能性がある。

このほか、「Go To Eat」事業についても、プレミアム付食事券の事業について、期間延長&食事券の追加発行の方針と報道されている。(オンライン予約サイト経由のポイント付与は追加なし。)

NHKのWebサイトでの「Go To Eat」延長に関する報道は以下にて。
※2020年12月2日付

「Go Toイート」 食事券事業の期間延長 食事券も追加発行へ | 新型コロナ 経済影響 | NHKニュース

このため政府は需要喚起の取り組みを継続する必要があるとして、最長で販売は来年1月末、利用は3月末としていた実施期間を延長し、食事券も追加で発行する方向で調整に入りました。

今後、延長する期間や追加発行の規模について検討し、必要な経費を今年度の第3次補正予算案に盛り込むことにしています。