Rakuten Miniの1円キャンペーン再開、昨年までとの違い

スポンサーリンク

楽天モバイルは、「Rakuten UN-LIMIT V」の新規契約と同時に「Rakuten Mini」を購入すると、通常は17,000円(税別)の本体代金が1円になるキャンペーンを開催中。

Rakuten Miniの本体代金1円キャンペーンは以下にて。

Rakuten Mini本体価格1円キャンペーン | 楽天モバイル
Rakuten Mini本体価格1円キャンペーン | 楽天モバイル

同様のキャンペーンは2020年春にも開催されたものの、昨年のキャンペーン開催タイミングと現在では、楽天モバイルのサービス自体にいくつかの変更点がある。

具体的には、契約時の事務手数料は3,000円から0円に改訂されているほか、SIMカードをeSIM↔物理SIMに変更、またはeSIMの再発行に係る手数料など、各種手数料が無料化されている。
※キャンペーンではなく、手数料自体が改訂されている。

■楽天モバイル:契約事務手数料は0円
楽天モバイルが「ZERO宣言」

■2020年11月に無料化されたもの(楽天モバイル)
・契約事務手数料
・SIM交換手数料
・SIM再発行手数料

Rakuten Miniは、物理SIMカードスロットを搭載せず、本体はeSIMサービスのみ対応する。このため、Rakuten Miniを使わなくなった場合に、他のデバイスで楽天モバイルのサービスを利用する場合、従来はSIMカードの交換や再発行に伴う手数料が発生していた。

これらの手数料は2020年11月に無料化され、現在は無料に。Rakuten Miniを含めた楽天モバイルのeSIM対応デバイスを使いやすい環境が整っている。

■Rakuten MiniはeSIMのみ対応
Rakuten Mini

楽天モバイルでは、eSIM対応の自社端末としてRakuten BIGを販売しているほか、eSIM搭載のiPhoneでも基本的な動作(音声通話・データ通信・インターネット共有)が利用できる。

■eSIM搭載のiPhoneでも楽天モバイルは動作する
楽天モバイルがiPhone 12/12 Proの動作確認を完了

また、料金プランの「Rakuten UN-LIMIT V」月額料金2,980円が1年間無料になるキャンペーンは継続中。同キャンペーンは300万人を対象で、楽天モバイルの申込数は昨年12月31日時点で200万人を突破した。

このほか、2020年に発売されたRakuten Miniは、本来対応するべき周波数と異なる周波数に対応するモデルが複数存在するなどのトラブルが発生した。現在出荷されるモデルについては、これらの問題が解決された、通常のモデルが出荷される(と、思われる)。

Rakuten Miniの本体価格1円キャンペーンは以下にて。

Rakuten Mini本体価格1円キャンペーン | 楽天モバイル