「 燃油サーチャージ 」一覧

ANA・JAL、10月〜11月発券の航空券で燃油サーチャージを据置、日本発北米行きで片道3,500円、中国などで片道500円

ANA・JAL、10月〜11月発券の航空券で燃油サーチャージを据置、日本発北米行きで片道3,500円、中国などで片道500円

ANAおよびJALは、2017年10月〜11月末発券分の国際線航空券における燃油サーチャージを発表。 同期間の燃油サーチャージは、2017年8月〜9月末までに航空券を発券した場合と同様に、中国・台湾・香港が片道500円、日本から北米・欧州・中東・オセアニアが片道3,500円とな...

ANA、8月以降発券分で燃油サーチャージ値下げ、欧州・北米線で片道3,500円、中国・台湾等で1,000円値下げ

ANA、8月以降発券分で燃油サーチャージ値下げ、欧州・北米線で片道3,500円、中国・台湾等で1,000円値下げ

ANAは、国際線航空券に係る燃油サーチャージの2017年8月1日から9月30日分の料金を発表。 燃油サーチャージは現行料金(2017年7月末購入分まで)と比較して値下げされることが発表され、日本から欧米・中東・オセアニアなど長期路線では片道7,000円→3,500円に、日本から...

燃油サーチャージが4月より値上げ・長距離路線で往復7,000円→14,000円など – 値上げ前の航空券購入がオススメ

燃油サーチャージが4月より値上げ・長距離路線で往復7,000円→14,000円など – 値上げ前の航空券購入がオススメ

JAL・ANAは、2017年4月1日から5月31日までに発券される航空券で燃油サーチャージの値上げする方針。 JAL・ANAの燃油サーチャージは、長距離国際線(日本発の北米、欧州方面)で往復7,000円→14,000円に、アジア方面(中国・台湾・香港)では往復1,000円→3,...

燃油サーチャージ値上がり、長距離路線で往復7,000円→14,000円、アジア路線では往復1,000円→3,000円と3倍に

燃油サーチャージ値上がり、長距離路線で往復7,000円→14,000円、アジア路線では往復1,000円→3,000円と3倍に

JALは、2017年4月1日から5月31日に発券する国際線航空券の燃油サーチャージを発表。2017年3月31日までに発券される航空券と比べて燃油サーチャージが値上げとなる。 日本発の場合、長距離線(北米・欧州・中東・オセアニア)行きで片道3,500円→7,000円に、中国・台湾...

NO IMAGE

Surpriceで使える3,000円割引クーポン最終日、4月からは燃油サーチャージが2倍に値上がり見込み

H.I.Sの運営する海外航空券・ツアー販売サイト「Surprice」(サプライス)で使える3,000円引きのクーポンを使った予約が2月8日(水)にて終了予定。 海外航空券は、円安および燃油価格の上昇によって2017年4月発券分より燃油サーチャージが4月より現行の2倍に値上げされ...

ANA・JAL国際線で燃油サーチャージ復活、長距離路線で往復7,000円 – 海外航空券・海外ツアーは燃油不要の1月末までの購入がオススメ

ANA・JAL国際線で燃油サーチャージ復活、長距離路線で往復7,000円 – 海外航空券・海外ツアーは燃油不要の1月末までの購入がオススメ

ANAおよびJALは、国際線の燃油サーチャージ(燃油特別付加運賃)を2017年2月より復活することを発表。 燃油サーチャージは日本から欧州・北米・オセアニアなどの長距離路線で片道3,500円、日本から中国・香港・台湾・マカオで片道500円など。燃油サーチャージ額はANA・JAL...

ANA、国際線の燃油サーチャージ無料を9月末発券分まで延長 – 2016年上半期は国際線燃油サーチャージが無料に

ANA、国際線の燃油サーチャージ無料を9月末発券分まで延長 – 2016年上半期は国際線燃油サーチャージが無料に

ANAグループは、国際線の燃油サーチャージ無料を2016年9月末発券分まで延長することを発表。国際線の燃油サーチャージ撤廃は原油価格の値下がりをうけて2016年4月1日より実施されており、今回は8月1日から9月末発券分が無料となることが新たに発表された。これによって、2016年上...