関空第一ターミナル 国内線 到着ロビーでWiMAX端末のスピードテスト:WM3800Rが健闘

関空第一ターミナルに宿泊したのでスピードテストを行ってみた。

■検証端末
・WM3800R(So-net WiMAX)
・URoad-Aero(DIS Mobile WiMAX)
・URoad-Home(DIS Mobile WiMAX)
・WL-330gE(関空の固定回線)

■計測環境
計測日 2013年4月23日(火)
計測時間 6:00 〜 6:20
計測PC MacBook Air 2012年モデル Core i7
計測地点 関西国際空港第一ターミナル 到着ロビー
計測サーバ Speedtest.net 東京サーバ

■関西国際空港 第一ターミナル 到着ロビー付近
0423_KIX_Terminal1.jpg

■下り通信速度
0423_Down.jpg

下り通信速度は、以下の結果に。

1位.WL-330gE / 16.57Mbps
2位.URoad-Home / 13.42Mbps
3位.WM3800R / 12.47Mbps
4位.URoad-Aero / 8.80Mbps

固定回線に繋がる『WL-330gE』が最も速い結果になったけれど、それに迫る形でURoad-HomeとWM3800Rが健闘している。

特に、ホーム用のルータであるURoad-Homeとモバイル向けに小型化されているWM3800Rの通信速度が大きく違わなかった(プロバイダが異なるけれど)というのは、WiMAX対応のモバイルWi-Fiルータとしてはかなり頑張ってるんじゃないかと思った。

■上り通信速度
0423_Up.jpg

上り通信速度は、以下の結果に。

1位.WL-330gE / 15.87Mbps
2位.WM3800R / 3.81Mbps
3位.URoad-Home / 3.30Mbps
4位.URoad-Aero / 1.82Mbps

上り通信速度は、固定回線に繋がるWL-330gEが最も速い結果に。

WiMAXルータの中では、意外にもURoad-HomeがWM3800Rに負けるという結果になった。

URoad-HomeとWM3800Rはプロバイダが異なることによって通信速度に差が出ている。ということも考えられるけれど、そうだとしてもWM3800Rの通信速度(実測値)がWM3600Rから改善されていることには間違いが無く、前モデルから小型化をしながら実測ベースでは通信速度が改善されているのには驚き。

URoad-Aeroについては、下りと同じくWM3800RやURoad-Homeと比べると通信速度はもう一つ。という感じの結果に。

■Ping応答速度
0423_Ping.jpg

PING応答速度は以下の順。

1位.WL-330gE / 25.3Mbps
2位.URoad-Aero / 82.3Mbps
3位.URoad-Home / 83.0Mbps
4位.WM3800R / 86.3Mbps

固定回線に接続されたWL-330gEが最も応答時間が短く、約25msだった。
2位 〜 4位のWiMAX端末については大きな差は無かった。

今回のスピードテストで意外だったのは、URoad-Homeに対してWM3800Rが大きく変わらない速度を記録したことで、プロバイダの違いこそあれど、WM3800Rの通信速度は前モデルであるWM3600Rから改善されており、最新端末であるURoad-Aeroと比べても優位であるだけでなく、据置タイプのルーターにも迫る結果となった(上り通信速度ではURoad-Homeよりも速い結果だった)

というわけで、自宅回線としてWiMAXを使う場合に、モバイルWi-Fiルータを選ぶのであれば、通信速度の面からWM3800Rが良さそう(^ ^)

反対に、URoad-Aeroの特長は連続通信時間が12時間である点があげられるので、モバイルでの連続通信時間を重視する場合はURoad-Aeroを、それ以外の端末の電池残量や通信状態のわかりやすさ、通信速度を重視する場合はWM3800Rを選ぶとよいのかなと。

4月に行われているWiMAXのキャンペーンでのオススメは、端末代が0円になり、20,000円のキャッシュバック + 10,000ポイントの還元があるSo-net WiMAX。

注意事項は契約期間が2年間となっており、契約期間中にSo-net会員を退会した場合は、WiMAXの解除料とは別に、15,000円の違約金が発生する点で、この点はWiMAXオプションのみを解約することで違約金の発生を回避することが可能(多少、面倒ではあるけれど…。)