MacBook Air 2013にインストールしたアプリケーション

スポンサーリンク

MacBook Air 2013が到着したので、インストールしたアプリと用途のご紹介

インストールしたアプリは以下。

  1. MarsEdit
  2. Blogエディター。

    オフラインでも画像をドラッグ&ドロップで放り込んでおけば、プレビュー表示ができるようになり、オンラインになった際にはそのままサーバにアップロードするだけで反映されるのがお気に入りで、なんだかんだとBlogエントリを書く際の標準的なツールになりつつある。

    特に画像が多いエントリでは、
    画像をアップロード ⇒ 画像URLを取得 ⇒ タグに埋込

    という一連の作業を短縮することができるので便利(^ ^)

    MarsEdit – the blog editor for WordPress, Tumblr, Blogger and more. 3.5.9(¥3,450)
    カテゴリ: ソーシャルネットワーキング, 仕事効率化
    販売元: Red Sweater Software – Red Sweater Software
    サイズ: 7.9 MB

  3. 夜フクロウ
  4. Twitterクライアント。

    シンプルなUIかつ高速な動作がお気に入りのTwitterクライアント。
    保存された検索に対応して欲しいなとか、そういった細かな不満が無いわけでは無いけれど『他に乗り換えたい』と思わない数少ないアプリケーション。

    夜フクロウ 2.78(無料)
    カテゴリ: ソーシャルネットワーキング
    販売元: aki-null.net – Akihiro Noguchi
    サイズ: 4 MB

  5. Opera
  6. Webブラウザ。

    10年近くメインのWebブラウザとして使用したあと、Chromeに乗り換えていたけれどやっぱり作業効率はOperaの方が良い。ということで再びメインのWebブラウザに戻ったOpera。

    公式サイトからの正式版はChromiumベースになったOpera 15で、こちらはまだまだあまり使い物にならないと思っているので、App Store経由で古いOpera 12.15をダウンロードして使用することに。

    Opera 12.15(無料)
    カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
    販売元: Opera Software ASA – Opera Software ASA
    サイズ: 18.4 MB

  7. Chrome
  8. Webブラウザ。

    Operaでは表示が崩れたり、閲覧が快適でないWebサイトの閲覧に利用(GmailやGoogleドライブなど)

    メインのWebブラウザとして使うこともできるけれど、個人的には作業効率がOperaの方が高い。ということが理解できたので、サブのWebブラウザという位置づけ。

    ダウンロードは以下より。
    Chrome ブラウザ

  9. CotEditor
  10. テキストエディタ。

    シンプルかつ高速に動作するテキストエディタで、お気に入り。
    Windows環境では秀丸を、MacOS環境ではCotEditorを愛用中。

    CotEditor プロジェクト日本語トップページ – SourceForge.JP

  11. Skitch
  12. 画像キャプチャ&編集ツール

    画像をキャプチャしてMarEdit経由でBlogに放り込むのに多用している画像キャプチャ&編集ツール。

    Evernoteと連携が便利!と思ったことは正直それほど無いけれど、Evernoteに買収されてからはEverenoteと連携する機能に対応している。

    Skitch 2.6(無料)
    カテゴリ: 仕事効率化, グラフィック&デザイン
    販売元: Skitch – Skitch Inc
    サイズ: 26 MB

  13. Skype
  14. VoIP&メッセージングツール。

    『1か国限定プラン』で日本の固定電話宛の通話がかけ放題になるので、ケータイなどからは通話料が有料になる固定電話宛の通話も無料で行えるのが嬉しい。

    当然、日本から日本の固定電話宛の発信だけでなく、海外から日本の固定電話宛の発信も『1か国限定プラン』の対象となるのが嬉しいところ。

    Skypeのダウンロードは以下より。

    コンピュータにSkypeをダウンロード - Mac、Windows、Linux - Skype

  15. Evernote
  16. オンラインメモサービス。

    便利なような、便利でないような、それほど使いこなせていない気がするのが悲しいけれど、やっぱり手放すことができないのがEvernote。ということでEvernoteも必須ツールの1つ。

    Evernote 5.1.4(無料)
    カテゴリ: 仕事効率化
    販売元: Evernote – Evernote
    サイズ: 35 MB

  17. Dropbox
  18. オンラインファイル共有サービス

    クラウド対応で、環境を問わずにアクセスすることが可能なファイル共有サービス。
    基本的にはパーソナルな用途で利用しているので『共有』することは極めて稀だけれど、複数のデバイスで撮影した画像データを『CameraUpload』フォルダで一元管理することができるのは、Blogエントリを書くにあたって非常に便利で重宝している。

    CmaeraUploadsがあまりにも便利なので、現在の契約での保存可能容量(約250GB)の上限にすぐ到達してしまう。というのが悩みだったり(^ ^;

    Dropbox – オンラインファイル同期ツール
    *上記リンクから登録すると、通常無料で利用出来る2GBに+500MBのボーナスがつきます。(オイラにも容量のボーナスあり)

  19. ATOK
  20. 日本語入力ソフト。

    セットアップや設定変更の度に『使いにくい』と思っていて、乗り換えを検討中ではあるけれど、現状ではATOK以外に有力な選択肢が見当たらないので使っているという状態。

    ただ、Google日本語入力と比べると動作がもっさりしている。というのは否定しがたい事実なので『変換効率をあまりきにせず、気分がノっていて文章を一気に書き上げたい』という時にはATOKをオフにしてGoogle日本語入力を使うこともある(^ ^;

    個人的には『ATOKの変換が賢くて便利!』と感じる機会よりも『なぜこの操作が簡単にできない?』というような『がっかり感』を感じることの方が多くなってしまっているので、Google日本語入力が、ユーザ辞書をGoogleアカウント単位で同期してくれるようになったら、乗り換える可能性が高い状態。

    ATOKのダウンロードは以下より。

    ATOK.com – 日本語入力システム「ATOK(エイトック)」や日本語に関する情報のサイト

というわけで、最低限の環境ということでMacBook Airにインストールしたアプリは以上。

意図的に減らしたわでではないけれど、専用アプリケーション自体はものすごく減っていて、上記だけでひと通りの作業ができている状態になったのは、専用アプリケーションでなくてもWebブラウザをベースにしてできる作業が増えたから。という事にほかならないかなと。

ちなみに、去年購入したMacBook Air 2012のセットアップ内容については以下エントリにて。

MacBook Air 2012のセットアップ内容 | shimajiro@mobiler

去年書いたエントリを見返して見ると、使い方そのものはほとんど変わっていないなー。ということを思ったり(^ ^;