2013年10月分:MVNO各社のWM3800Rキャンペーン比較

WM3800Rを新規購入する場合の2013年10月現在のWiMAXキャンペーン比較。

■前提条件
・WM3800Rを新規に年間パスポート契約する場合

事業者名 So-net @nifty WiMAX BIGLOBE WiMAX
カラー モモフライトピンク
クールグレイ
ブラック
ホワイト
ブラック
ホワイト
ピンク
ハローキティ
インディゴ
ブラック
ホワイト
ピンク
端末代金 0円 1円 0円
クレードルセット 0円 1円 1,995円
契約事務手数料 0円 0円 3,150円
通信料(月額) 3,800円/月 3,853.5円/月 3,801円/月
登録月の通信料 0円 0円 0円
年間契約時
解除料金
1年目:9,975円
2年目以降:5,250円
1年目:9,975円
2年目以降:5,250円
1年目:9,975円
2年目以降:5,250円
その他解約金 最低利用期間(利用開始から24ヶ月後の末日)までにSo-netを退会した場合、追加で15,000円の解約金が発生。 なし
※タブレット(ideaTab A1000)セットの購入の場合
契約から1年目の契約解除料金が 9,975円 ⇒ 25,725円になるので注意。
なし
解約後の他事業者との契約 可能 不可能
※URoad-Aeroは可能。
可能
キャッシュバックなど ■20,000円キャッシュバック
申込から4ヶ月後の月末時点でキャンペーン対象サービスの利用確認ができた場合、6ヶ月後の15日に20,000円キャッシュバック
■11,900円キャッシュバック
開通月を含む9か月目に現金で振込
※タブレット(ideaTab A1000)セットの購入の場合キャッシュバックは対象外。
■最大 17,000円 キャッシュバック
サービス開始月を1カ月目として、3カ月目の末日まで契約を継続した場合、Webアンケートに回答で7,000円キャッシュバック
さらに、20ヶ月目の月末まで利用を継続すると+10,000円キャッシュバック
キャンペーン期限 2013年10月31日 2013年10月31日 2014年1月5日

以下、各社のキャンペーン内容の紹介。

So-net WiMAX:20,000円キャッシュバックが復活!

So-net WiMAXは、9月に入って終了していた20,000円のキャッシュバックが10月から復活している。
※So-net WiMAXトップページからアクセスした場合は、9月中も20,000円キャッシュバックが行われていた模様。

20,000円のキャッシュバックが復活した一方で、WiMAXのオプション以外の解約料金として設定されている『契約から二年以内のSo-net退会に伴う解約金』の15,000円が復活しており、So-net WiMAXのキャンペーンを申込する場合、契約から二年間以内にSo-net会員を退会しないように注意。

So-net会員を退会せずに月額料金を抑える方法は、WiMAXの契約から1年間が経過したタイミングでWiMAXオプションを解約の上、コースを『接続従量コース』(105円/月)に変更すれば、『So-net会員の退会』にはならないので、15,000円の解除料を支払う必要が無い。
関連エントリ:So-net:WiMAXオプション解約後『接続従量コース』へ変更すると105円/月で契約維持が可能| shimajiro@mobiler

その他条件としては、『WM3800Rのクレードルセットが初期費用完全無料』となっており、契約時の事務手数料や、端末代が安い。というのは魅力的で、ここで紹介する3社の中では最も条件が良いキャンペーンと言える。(契約期間が実質二年間となる点だけ注意)

So-net WiMAXのキャンペーンページは以下より。

@nifty WiMAX:セットになるタブレットがideaTab A1000に変更

@nifty WiMAXでは、

A.キャッシュバック11,900円
B.タブレットが無料プレゼント(但し契約から1年間の解約料が高くなる)

のどちらかを選ぶことが可能なキャンペーンをここ数ヶ月継続しているけれど、9月はNexus 7(2012)だったタブレットが『ideaTab A1000』に変更されている。

『とりあえずAndroidタブレットが欲しい!』という方にとっては悪く無いキャンペーンと言えるかもしれないけれど、7インチタブレットにはNexus 7(2013)など、高機能な端末が月々に登場しているので、こういった製品を別途購入する。という場合は11,900円のキャッシュバックを選んだ方が良いかも。(キャッシュバックを選択した場合は解除料の値上げなどが無いので)

@nifty WiMAXのキャンペーンは、So-net WiMAXと同様に初期費用が無料でWM3800Rのクレードルセットを利用可能となっており、契約期間も1年間とシンプル。

WiMAXは次世代サービスである『WiMAX 2+』が発表されており、10月末にはサービスが開始される予定となっているので、1年後には『WiMAX 2+を使う』と考えている方にとって、『つなぎの1年間』として@nifty WiMAXを選ぶ。というのもありかも。

@nifty WiMAXのキャンペーンは以下より。

BIGLOBE WiMAX:キャッシュバックが最大17,000円に値下げ

BIGLOBE WiMAXは、契約から二年間で受け取れるキャッシュバック金額が20,000円 ⇒ 17,000円と減少している。

BIGLBOE WiMAXのキャンペーンでは、

(1)契約から3ヶ月目の末日まで
(2)契約から20ヶ月目の末日まで

の2つのタイミングでキャッシュバックが受取可能となっており、10月に入って減額されたのは(1)のキャッシュバック金額。

というわけで、契約から1年間で受け取れるキャッシュバックの金額は、

1位.So-net:20,000円
2位.@nifty WiAMX:11,900円(タブレットセットでない場合)
3位.BIGLOBE WiMAX:7,000円

となり、BIGLOBE WiMAXのキャンペーン内容は他の2社と比べると見劣りしてしまう。

キャッシュバック金額だけでなく、初期費用についても、契約時の事務手数料が3,150円発生するほか、WM3800Rのクレードルセットが1,995円となるなど、細かな部分でも他社キャンペーンよりも支払金額が大きい。

BIGLOBE WiMAXのキャンペーンは以下より。