台中駅前のバイクレンタルは『台湾の免許証』が必要

スポンサーリンク

滞在中の台中でのバイクレンタルの話。

台湾で車を運転するためには、日本の免許証を現地語に翻訳してもらう必要があり、今回は台北にある『交流協会』で日本の免許を翻訳してもらっていた。

日本の運転免許保有者が台湾で運転するための制度について

1.日本の運転免許証による運転
 日本の運転免許証と併せて、その中国語翻訳文を所持・携帯していれば、自動車の運転が認められます。

現地語に翻訳された免許証の取得に必要な時間は約1時間で、台北の交流協会で即日発行可能。費用は700台湾ドル(約2,100円)だった。

■中国語に翻訳された免許証
中国語に翻訳された免許証

で、この翻訳された免許証(とは言え、A4の紙で免許証っぽくはない)を持って、台中駅前(新幹線じゃない方の台中駅前)でバイクを借りようとしたところ『台湾の免許証が無いと無理』と言われてしまい、交流協会で発行してもらった日本の免許証を翻訳したものではバイクのレンタルが出来なかった。
※翻訳された免許証を見せても『台湾の免許が無いと無理』とのこと。

そんなわけで、台中駅前でのバイクレンタルについては、台湾の免許証が無い限り借りるのが難しい模様で、今回はバイクを借りることが出来なかった。

せっかく免許証の翻訳を用意したのに、そもそもバイクが借りられないと言うのでは元も子もない…(^ ^;

同じ台湾の中でも、高雄や花蓮では問題なく借りることができたりするので、このあたりは都市によってルール(と言うか慣習)が違うのかも。

台中でバイクを借りるのは難しそう。というお話でした。

コメント

  1. 匿名 より:

    2013年の11月に台東に行きましたが、台東でも同様に、台湾の免許でないと無理と、何軒かまわりましたが、無理でした(台東駅前も台東市街でも)。 :cry:

    • shimajiro より:

      台東ですが、宿泊していたホテルでバイクレンタルが手配できたことがあります。
      もし参考になれば。。。