同じように見えて実は違う携帯電話各社の『直近3日間の通信量』に基づく速度制限のまとめ(LTEサービス編)

携帯電話各社が通信速度を制限する基準の一つである『直近3日間の通信量が1GBを超えた場合』の通信速度制限の内容についてまとめ。
※各社の提供するLTEサービスについてのみ。


2015.2.14 更新

ドコモがXi契約者向けの速度制限(直近3日間の通信量に基づく)を撤廃したのと、KDDIが通信量を1GB ⇒ 3GBに緩和したのを反映


LTEサービスにおける『直近3日間の通信量が1GBを超えた場合』の速度制限まとめ

提供会社
&参照URL
通信量算定期間 通信容量 速度制限内容
ドコモ 当日を含む直近3日間 1GB Xi契約でXi対応機種を使っている場合は速度制限なし
KDDI 前日までの直近3日間 3GB 通信速度を終日制限する対象となる
SoftBank 前日までの直近3日間 1GB 当日6時から翌6時まで通信速度を制限する場合がある
⇒実際には基本的に速度制限を実施
ワイモバイル 24時間ごと 約366MB 当日21時から翌日2時まで通信速度が制限される

2014.2.14 追記
以下の内容は古くなっている(更新を反映していない)ので、参考程度に。
※『基準値が似ていても、実際の制限は各社によって異なる。という趣旨は同じなのでそのまま残しておく。


携帯電話各社の実施する『直近3日間での通信量が多い場合の通信速度制限』は、基本的に算定期間&通信量はほぼ各社共通となっている一方で、通信速度制限の内容については、

ドコモ:制限を実施する場合がある
KDDI:終日速度制限を実施する対象となる
SoftBank:6時 〜 翌6時まで速度制限を実施
EMOBILE:当日21時 〜 翌日2時まで速度制限を実施

となっており、制限内容については各社で異なっている。

制限内容が一番厳しいのはSoftBankで、ネットワーク側の混雑状況や時間帯を問わず『通信速度を1日制限』という内容になっている。

一方で、ワイモバイルについては『当日21時 〜 翌2時まで通信速度を制限』となっており、深夜時間帯以外の通信については、通信速度制限の対象外となる。
※EMOBILE LTEは、2014年5月以降月間の通信量が10GB/月に制限される点にはご注意を。

また、ドコモでは他社と異なり『通信速度が制限される場合がある』としており、直近3日間の通信量が1GBを超えた状態でも、通信速度制限の対象とならない場合がある。通信速度制限の対象となるケースについて、具体的な条件は開示されていないものの、基本的には混雑している時間帯や場所での利用時は、『直近3日間の通信量が1GBを超えている』ユーザが、優先的に通信速度制限を受けるようになっているものと思われる。

そんなわけで『直近3日間で1GBを超えた場合』の通信速度制限の内容は、同じように見えて実際には各社異なる制限が適用される。というお話。
※月間の通信量である7GB/月の制限については各社ほぼ同等となっており、こちらは会社毎に大きな違いは無い。

コメント

  1. […] 同じように見えて実は違う携帯電話各社の『直近3日間の通信量が1GBを超えると速度制限』のまとめ(LTEサービス編)|shimajiro@mobiler […]

  2. […] の内容はshimajiroさんがまとめたこの記事が分かりやすい。 同じように見えて実は違う携帯電話各社の『直近3日間の通信量が1GBを超えると速度制限』のまとめ(LTEサービス編) | shimajiro@mobiler […]

  3. 匿名希望 より:

    SoftBankが最近3日間1GB規制は厳しく厳密に制限をかけていますが、他社はそれ程厳しくないみたいですね。
    SoftBankに確認したら混雑時のみの規制と案内されますが、これは明らかに嘘でこの記事で紹介しているようにほぼ終日通信速度は制限されています。私自身何回も体験しているので確実です。困ったものです。