ドコモ、海外1Dayパケの料金を値下げ/フィリピンは24時間で980円に

ドコモは、海外1Dayパケの定額料金を一部地域で値下げすることを発表。米国本土、ハワイ、フィリピンなどの地域が対象となる。9月10日(水)12時以降の利用分より値下げが適用される。

海外1dayパケ | サービス・機能 | NTTドコモ

9月10日正午(日本時間)よりアメリカ(本土)・ハワイやフィリピンなど一部の対象国・地域では定額料が値下げとなります。

値下げ後の料金一覧は以下より。

国・地域 定額料金
(改訂前)
定額料金
(改訂後)
アメリカ(本土)
ハワイ
アラスカ
プエルトリコ
米領バージン諸島
フィリピン
1,580円 980円
スイス
アイルランド
ルクセンブルク
リヒテンシュタイン
1,580円 1,280円

値下げ幅が最も大きい地域は1,580円 ⇒ 980円で、対象地域はアメリカ(本土)、ハワイ、フィリピンなど。

ドコモの『海外1Dayパケ』は申込から24時間の間、海外での国際ローミングの利用料金が定額になるサービス。24時間ごとに30MBまで高速通信が利用可能となるので、パケット通信量が多くない用途で使ったり、現地でプリペイドSIMカードを購入する場合でも『プリペイドSIMカードを購入するまでの回線』として活用できる。

各キャリアの提供する海外でのパケット定額サービスが基本的に日本時間を基準に1日が設定されているのに対して、海外1Dayパケは『申込から24時間定額利用可能』となっているため、数時間しか使っていないのに2日分の料金が加算された。というような心配が無い点は嬉しいところ。

ただし、通信量が30MBを超えると、通信速度が16kbpsに制限される点には注意が必要。