SIMフリーのZenFone 5をmineoやSoftBankのSIMカードで動作確認してみた

スポンサーリンク

日本で発売が開始されたZenFone 5を、KDDIのMVNOである『mineo』やSoftBankのSIMカードを使って通信ができるのか?を確認してみた。


2014.11.12 追記

KDDI本家契約の回線でもネットワーク接続ができなかった。
ZenFone 5、KDDI系のSIMカードでは利用不可 – 本家契約もmineoも接続できず | shimajiro@mobiler


結論からいうと、mineo(音声契約)では通信が一切利用できず、SoftBank系のSIMカードでは音声通話&データ通信が利用可能だった。

■ZenFone 5をmineoで使う:利用不可
ZenFone 5をmineoで使う:利用不可

ZenFone 5 × mineoの組み合わせでは、KDDIのネットワークへのエントリの時点で弾かれる。という挙動となり、音声通話およびデータ通信を行うことができなかった。

mineoの動作確認端末は以下より
端末について|サービス紹介|mineo(マイネオ)
11月10日(月) 11:30 時点ではZenFoneの動作確認結果は掲載されていない。近日中に追加されるかも。

■SoftBankのSIMカード:利用可能
SoftBankのSIMカードでは利用可能

mineoのSIMカードと異なり、SoftBank系のSIMカードで利用した際はZenFone 5で音声通話&データ通信を利用可能だった。(検証に使ったのはNexus 5契約のSIMカード)

今回検証に用いたNexus 5契約のSIMカードは、従来はNexus 5以外の端末ではデータ通信を利用することができなくなっていたものが、2014年8月頃に制限が緩和されてNexus 5以外の端末でもデータ通信が利用可能となったもの。
関連エントリ:EMOBILEのNexus 5契約のSIMカード、他社端末でもデータ通信利用可能に | shimajiro@mobiler

ちなみに、日本向けのZenFone 5(A500KL)がサポートしている周波数は以下。
※SoftBank 3Gで利用されているものを太字。

LTE:2100(B1)1800(B3)/2600(B7)/900(B8)/800(B19) MHz
W-CDMA:2100(B1)/1900(B2)/850(B5)/800(B6)/900(B8)/800(B19)MHz
GSM:850/900/1800/1900MHz

ZenFone 5は『プラチナバンド』にも対応しているため、ソフトバンク系のSIMカードでの利用も相性は悪くはない。

ただし、ソフトバンク回線をSIMカードだけ提供しているMVNOは現時点で存在しないため、既存のソフトバンク契約のSIMカードを利用するか、ワイモバイルが提供するSIMカードを利用する。などの方法でSIMカードを入手する必要があり、ドコモやKDDIのMVNOのSIMカードを入手するのと比べると若干ハードルが高くなっているので、この点は今後SoftBank回線を利用したMVNOの登場に期待したいところ。

ワイモバイルが提供しているSIMカード単体のサービスについては以下より。
ワイモバイルからおトクな音声付きSIM登場! |Y!mobile

ZenFone 5のAmazonでの販売は以下より。

【国内正規品】ASUSTek ZenFone5 ( SIMフリー / Android4.4.2 / 5型ワイド / microSIM / 16GB / LTE / レッド ) A500KL-RD16 【国内正規品】ASUSTek ZenFone5 ( SIMフリー / Android4.4.2 / 5型ワイド / microSIM / 16GB / LTE / レッド ) A500KL-RD16

Asustek 2014-11-08
売り上げランキング : 504

Amazonで詳しく見る by G-Tools