WiMAX 2+対応ルータ『W01』のキャンペーン比較 – 15,100円キャッシュバックや月額料金の割引など、契約は2月19日迄がオススメ

スポンサーリンク

UQコミュニケーションズおよびそのMVNOから、1月30日(金)より発売となった『W01』のキャンペーン条件の比較。(2015年2月現在)

W01のキャンペーン条件比較 – 2015年2月分

事業者 UQコミュニケーションズ @nifty GMOとくとくBB
端末代 クレードルなし:2,800円
クレードルセット:4,800円
クレードルセット:1円 クレードルなし:0円
クレードルセット:2,750円
契約事務手数料 3,000円 3,000円 3,000円
特典内容 5,000円分の商品券プレゼント 15,100円キャッシュバック
または、ASUS MeMO Pad 7をプレゼント
なし
キャッシュバック受取時期 不明 開通月から9カ月目 なし
契約年数 二年間 二年間 二年間
契約月のWiMAX通信料 有料 無料
※機器が発送された日が属する月
無料
機器を受取した日が属する月
月額通信料
※各種割引後、二年間の料金。ISP代を含む
3,696円 3,670円 2,760円
キャンペーン期限 2015年3月31日迄 2015年2月19日迄 2015年2月28日迄

※価格は税抜

UQコミュニケーションズ本家:クレードルセットで4,800円、5,000円分の商品券還元

UQコミュニケーションズ本家は、商品券を従来の3,000円 ⇒ 5,000円に還元を強化。(一部端末については10,000円分となっている)

それでも、ここで紹介しているMVNO各社と比べると特典内容が手薄なのは従来と同様で、特典だけで比べるとUQコミュニケーションズ本家を選ぶメリットはほぼ無い。

UQコミュニケーションズ本家を選ぶメリットとしてあげられるのは、MVNOと比べると通信の実効速度が高速なことがある。という点で、UQコミュニケーションズ本家はキャンペーン特典よりも通信速度を重視する方向けと言える。

特に、W01(およびWX01)は通信速度が下り最大220Mbpsと従来機種よりも通信速度が高速化している点や、WiMAXの通常の契約年数(1年間)と比べると、WiMAX 2+では契約期間は二年間が基本となっている点を考慮すると、通信速度を重視する方はUQコミュニケーションズ本家を選んだ方がベターかなとは思う。

UQコミュニケーションズのキャンペーンページは以下より。

@nifty:クレードルセットが1円 + キャッシュバック15,100円

@niftyのキャンペーン内容は1月末までと変わらず、クレードルセットが本体代1円 + キャッシュバックが15,100円の内容。(キャッシュバックの代わりに、Androidタブレットを選択することも可能)

@niftyは、月額料金が3,670円とGMOとくとくBBのキャンペーンと割高になっている反面、約15,000円のキャッシュバックが設定されている。ただし、@niftyのキャッシュバックは契約から9カ月目に行われるので、契約期間がこれよりも短くなる場合は、キャッシュバック特典を受けることができない点は注意。(その場合は、GMOとくとくBBなどのキャンペーンの方が費用的には安くなる)

@niftyのキャンペーンページは以下より。

GMOとくとくBB:本体代は0円、月額料金が2,760円(税別)と安い

GMOとくとくBBのキャンペーンでは、キャッシュバックは無い代わりに、月額呂金が2,760円(税別)となっており、月額料金が他社よりも約1,000円ほど安く設定されている。

@niftyのキャッシュバックが『契約から9カ月目』に受取できるのに対して、GMOとくとくBBの通信料割引は契約翌月(契約初月は通信料が無料)から適用されるため、特典内容としては比較的シンプルと言える。

なお、@niftyのキャンペーンは『クレードルセットが1円』となっているけれど、GMOとくとくBBのキャンペーンではクレードルセットが2,750円になっている。

GMOとくとくBBのキャンペーンは以下より。
鬼安MAX2+キャンペーン| 激安WiMAX 2+ なら【GMOとくとくBB】

まとめ:速度重視ならUQ本家、特典重視ならGMOとくとくBB

W01の2月分のキャンペーンをまとめると、通信速度を重視するならUQ本家の契約(特典内容はそれほど充実していないけれど…)特典内容を重視するのであれば、GMOとくとくBBのキャンペーンが良さそう。

W01は、キャリアアグリゲーション対応によって下り最大220Mbpsに対応しているとは言え、都内を中心に(初代)WiMAXのトラフィックが多いエリアのキャリアアグリゲーション対応には時間を要しそうで、そういう意味では現時点でW01を選ぶメリットは、通信速度という面では薄いかも。

ただし、WiMAX 2+関連の料金プランは現状の『月間通信量制限なし』で使えるプラン(UQ Flatツープラス)が2月19日で受付終了となり、2月20日以降の契約でも月間の通信量が7GBを超えても速度制限がかからないようにするためには、新しく提供される『UQ Flatツープラス ギガ放題』(二年契約時 4,380円/月)を契約する必要があり、通信量が月間7GBを超える場合、現行の『UQ Flatツープラス』(二年契約時 3,696円/月)が契約可能なうちに契約した方がベター。

加えて、3月末までにW01を新規契約した場合、auの4G LTEが利用可能な『LTEオプション』の月額料金(1,005円/月)が5月末まで無料となるので、こちらの特典を含めて考えると『W01を契約するなら早い方がベター』であることは間違い無い。