JAL、4月1日以降発券分の燃油サーチャージを値下げ – 日本 〜 欧州・北米は往復7,000円値下げに

スポンサーリンク

JAL(日本航空)は、4月1日以降発券分の燃油サーチャージ価格を発表。直近の原油価格の下落を受けて、燃油サーチャージは値下がり。日本 〜 欧州・北米などの長距離路線では片道3,500円、往復で7,000円分の値下げとなる。

JALのプレスリリースは以下より。

2015年02月06日 国際線「燃油特別付加運賃」の改定を申請 ~2015年度の適用条件を決定~

JALは、2015年4月から適用する「燃油特別付加運賃」(通称「燃油サーチャージ」)を本日国土交通省に申請しました。また、2015年度(2015年4月~2016年3月)に有効な適用条件表を決定しました。

JAL(日本航空)の燃油サーチャージ価格

区間 2月1日以降 4月1日以降
日本-韓国・極東ロシア 1,000円 500円
日本-中国・台湾・香港 3,500円 2,500円
日本-グアム・フィリピン・パラオ・ベトナム 4,000円 3,000円
日本-タイ・シンガポール・マレーシア 6,500円 4,500円
日本-インドネシア・インド・ハワイ 8,500円 6,000円
日本-北米・欧州・中東・オセアニア 14,000円 10,500円

※価格は1区間(片道)、1名あたり

燃油サーチャージの値下がり自体は嬉しいけれど、燃油サーチャージが値下がりする一方、今後は運賃価格を改定する可能性もあり、仮に今後『燃油サーチャージなし』となったとしても、乗客の支払総額が大きく変わらない可能性も考えられる。
関連エントリ:燃油サーチャージが廃止されると、航空運賃が値上がりするかも | shimajiro@mobiler