UQ、仙台市地下鉄 南北線のWiMAX 2+エリア整備を完了 – 地下鉄路線では全国初

スポンサーリンク

UQコミュニケーションズは、仙台市地下鉄(南北線)の17駅間でWiMAX 2+エリア整備が完了したことを発表。仙台市地下鉄の南北線の駅構内&列車内においてWiMAX 2+が利用可能になった。地下鉄路線で全線がWiMAX 2+エリア化されるのは、同路線が初。

UQコミュニケーションズのプレスリリースは以下より。

仙台市地下鉄におけるWiMAX 2+サービスの提供開始について | UQ WiMAX|超高速モバイルインターネットWiMAX2+

UQコミュニケーションズ株式会社(本社:東京都港区、社長:野坂 章雄、以下UQ)は、2015年2月10日(火)に、仙台市地下鉄「南北線」の全駅構内や列車内において、超高速モバイルインターネットWiMAX 2+サービス※1のエリア整備が完了しましたので、お知らせします。

■仙台市地下鉄:富沢駅~泉中央駅の17駅でWiMAX 2+がエリア化完了
ここで使える 地下鉄 地下駅|UQ WiMAX|超高速モバイルインターネットWiMAX2

UQコミュニケーションズでは、現在WiMAXで使用している30MHz幅の帯域のうち、20MHz幅をWiMAX 2+向けに変更することで、1月30日より発売中の『W01』などキャリアアグリゲーション対応機種で下り最大220Mbps対応サービスを提供予定。同機種ではWiMAXに非対応となっているため、地下鉄や屋内エリアなどでのWiMAX 2+のエリア拡大に期待したいところ。

UQコミュニケーションズのキャンペーンは以下より。