UQ、WiMAX 2+の現行プラン受付は19日(木)まで – 値上げ前の契約がオススメ

スポンサーリンク

UQコミュニケーションズ(およびそのMVNO各社)は、2月20日より新料金プラン『UQ Flatツープラス ギガ放題』(以下、ギガ放題)を提供開始し、2月20日以降に新規契約する『UQ Flatツープラス』については通信量が月間7GBを超えると通信速度制限の対象とする料金プランの変更を行う。

2月19日(木)までに契約する『UQ Flatツープラス』は課金開始月から25カ月間は、月間の通信量に基づく通信速度制限が適用されないようになっている。このため、契約から二年間については通信量制限を気にする必要の無いプランとなっているけれど、2月20日(金)以降の『UQ Flatツープラス』は月間の通信量が7GBを超えると通信速度制限の対象となり、2月20日を境にしてサービス内容が大きく異なる

2月20日(金)以降の契約でも『通信量無制限』で使えるプランとして、新しくギガ放題が提供開始されるものの、ギガ放題については月額料金が4,380円(二年契約時&各種値引き後の料金)と、UQ Flatツープラスと比べて月額料金が割高になるため、カンタンに言えば『2月20日以降に契約すると通信料が割高』となっている。

UQコミュニケーションズ:料金プランの比較

料金プラン 月額料金 通信量制限
UQ Flatツープラス
(2月19日受付まで)
3,696円 ハイスピードモードの「WiMAX 2+」通信において、課金開始月から最大25ケ月間、通信速度制限(月間7GB超)が適用されない。
UQ Flatツープラス
(2月20日以降の受付)
3,696円 月間のデータ通信量が7GBを超えると通信速度制限(月間7GB超)。
※ノーリミットモードでも速度制限対象となる
UQ Flatツープラス ギガ放題
(2月20日より新規受付)
4,380円 月間の通信量制限なし。(契約から二年間経過後も)

※月額料金は税別、各種割引適用後の価格(二年契約時)

そんなわけで、既に発売中の機種でWiMAX 2+を契約する場合は、2月19日(木)までに『UQ Flatツープラス』を契約する事を強くオススメ。

現在発売されている機種の中で、下り最大220Mbpsに対応しているのは『W01』のみとなっているので、下り最大220Mbpsの速度で利用したい方はW01が唯一の選択肢となる。
※W01は、3月下旬に予定されているソフトウェアアップデートの後、下り最大220Mbpsで利用可能となる予定。

『W01』を対象としたUQ本家&MVNOのキャンペーンは以下。

W01のキャンペーン条件比較 – 2015年2月分

事業者 UQコミュニケーションズ @nifty GMOとくとくBB
端末代 クレードルなし:2,800円
クレードルセット:4,800円
クレードルセット:1円 クレードルなし:0円
クレードルセット:2,750円
契約事務手数料 3,000円 3,000円 3,000円
特典内容 5,000円分の商品券プレゼント 15,100円キャッシュバック
または、ASUS MeMO Pad 7をプレゼント
なし
キャッシュバック受取時期 不明 開通月から9カ月目 なし
契約年数 二年間 二年間 二年間
契約月のWiMAX通信料 有料 無料
※機器が発送された日が属する月
無料
機器を受取した日が属する月
月額通信料
※各種割引後、二年間の料金。ISP代を含む
3,696円 3,670円 2,760円
キャンペーン期限 2015年3月31日迄 2015年2月19日迄 2015年2月28日迄

※価格は税抜

以下、各社のキャンペーン内容をカンタンにご紹介。

UQコミュニケーションズ本家:通信品質で選ぶなら本家

UQコミュニケーションズ本家は、W01の契約で商品券5,000円がプレゼントされるキャンペーンを実施中。本体価格はクレードルセットが4,800円となっているので、本体 + クレードルセットの代金が商品券で還元されると言える。

UQコミュニケーションズ本家は、キャンペーン条件はMVNO各社と比べると控えめと言えるけれど、通信速度についてはMVNOよりも高速になることも多いので、通信速度を重視するのであればUQ本家を契約するのもオススメ。
関連エントリ:WiMAX 2+の最新機種『W01』を使ってUQ本家と@niftyの通信速度を比較 | shimajiro@mobiler

UQコミュニケーションズのキャンペーンページは以下より。

@nifty:クレードルセットが1円&キャッシュバック15,100円

@nifty WiMAXのキャンペーンは、本体とクレードルのセットが1円&キャッシュバックが15,100円となっている。@nifty WiMAXのキャッシュバック金額は、ここで紹介している3社の中で最大。キャンペーン期間は2月19日までとなっているので、料金プランが変更となる20日以降はキャンペーン条件にも何らかの変更があるかも。
※ちなみに、HWD15を選んだ場合はキャッシュバックが27,000円となるので、旧機種でも構わないという方は@niftyのHWD15を選ぶのもアリ。

@niftyのキャンペーンページは以下より。

GMOとくとくBB:本体代が0円、月額料金が2,760円(税別)と安い

GMOとくとくBBのキャンペーンでは、キャッシュバックなどが設定されていない代わりに、UQ Flatツープラスに該当するプランの通信料が月額2,760円(税別)と安くなっているので、毎月の通信料を抑えたい方向け。

GMOとくとくBBのキャンペーンは以下より。