UQ、WiMAX 2+下り最大440Mbpsを全国エリアへ、2月1日より順次エリア拡大

スポンサーリンク

UQコミュニケーションズは、WiMAX 2+の下り最大440Mbps対応エリアを東名阪エリアから全国エリアへと拡大することを発表。WiMAX 2+の下り最大440Mbps対応は、キャリアアグリゲーションと4×4 MIMOの組み合わせで実現される。

UQコミュニケーションズのプレスリリースは以下にて。

WiMAX 2+の440Mbps対応エリアを全国へ拡大 | UQ WiMAX|超高速モバイルインターネットWiMAX2+

モバイルWi-Fiルーター「Speed Wi-Fi NEXT WX03」を販売し、東名阪エリアを中心に、下り最大440Mbps(注3)の高速通信サービスを開始しておりましたが、2017年2月1日以降順次、440Mbps対応エリアを、全国(一部地域を除く)に拡大する予定です。

WiMAX 2+の下り最大440Mbpsに対応する機種は、2016年12月に発売された「Speed Wi-Fi NEXT WX03」が発売済で、2017年1月11日(水)に開催されたKDDIの新製品・新サービス発表会にて、モバイルWi-Fiルータの「Speed Wi-Fi NEXT W04」および「Speed Wi-Fi HOME L01」の二機種が新たに下り最大440Mbps対応機種として発表された。なお、どちらの機種も上り通信速度は最大30Mbpsに対応している。

1月11日(水)の時点では、W04およびL01はUQコミュニケーションズ(およびそのMVNO)からの発売は発表されていないものの、おそらくUQコミュニケーションズでも取扱いが行われることが予想される。

ちなみに、現時点では「東名阪エリアが中心」となっているWiMAX 2+の下り最大440Mbps対応エリアは、全国の主要都市の一部で既にサービスが提供開始されている。

■WiMAX 2+:札幌市付近の対応エリア&速度
WiMAX 2+:札幌市付近の対応エリア&速度

■WiMAX 2+:仙台市付近の対応エリア&速度
WiMAX 2+:仙台市付近の対応エリア&速度

■WiMAX 2+:広島市付近の対応エリア&速度
WiMAX 2+:広島市付近の対応エリア&速度

なお、UQコミュニケーションズでは2月1日よりエリアマップを更新することを発表しており、2月1日には東名阪エリア以外にも440Mbps対応エリアが大きく広がっていることが期待できそう。