UQ、つくばエクスプレスのWiMAX 2+エリア整備を完了!地下駅でもWiMAX 2+が利用可能に

UQコミュニケーションズは、つくばエクスプレス線の全区間をWiMAX 2+エリア化したことを発表。
※地上区間の研究学園駅周辺は一部エリア未整備。

つくばエクスプレス線は、秋葉原駅、新御徒町駅などが地下駅となっているけれど、これらの地下駅についてもWiMAX 2+のエリア化が完了したとしている。

UQコミュニケーションズのプレスリリースは以下より。

つくばエクスプレスにおけるWiMAX 2+サービスの提供について | UQ WiMAX|超高速モバイルインターネットWiMAX2+

UQコミュニケーションズ株式会社(本社:東京都港区、社長:野坂章雄、以下UQ)は、つくばエクスプレス全線 (地上区間の研究学園駅周辺の一部を除く)において、超高速モバイルインターネットWiMAX 2+サービス※1のエリア整備が完了しましたので、お知らせいたします。

■WiMAX 2+が利用可能な駅(つくばエクスプレス線)
つくばエクスプレス 路線図|UQ WiMAX|超高速モバイルインターネットWiMAX2

今回、WiMAX 2+エリア化が完了したつくばエクスプレス線には、WiMAXが非対応の駅があり『WiMAX 2+には対応するけどWiMAXは非対応』となる珍しいエリアになる。

■つくばエクスプレス線『WiMAX』についてはエリア整備未完了
ここで使える 地下鉄 地下駅|UQ WiMAX|超高速モバイルインターネットWiMAX2

UQコミュニケーションズは、キャリアアグリゲーションまたは4×4 MIMOに対応することでWiMAX 2+で下り最大220Mbpsに対応する機種を発売しており、地下駅を含めてWiMAX 2+が利用可能となるのは嬉しい限り。

これまで、東京メトロや都営地下鉄などでは正式にWiMAX 2+エリア化が発表された駅は存在しないため、今回のつくばエクスプレス線の地下駅(秋葉原駅や新御徒町駅など)は、都内で初めてWiMAX 2+が利用可能(とアナウンスされた)駅になる。