中華電信が4G LTE対応のプリペイドSIMカードを発売!4G LTE対応プランは使い放題なし

スポンサーリンク

台湾の通信事業者「中華電信」が、4G LTE対応のプリペイドSIMカードの提供を開始。中華電信が4G LTE対応のプリペイドSIMカードを提供したことにより、台湾の大手3社(中華電信/台灣大哥大/遠傳電信)から4G LTE対応のプリペイドSIMカードが提供される。

中華電信の4G LTE対応プリペイドSIMに関する情報は中華電信のWebサイト(繁体字)にて。
行動通話預付型 – 如意卡 │ emome, 如意卡儲值, 預付卡, 中華預付卡

提供されるプランは以下の2つ。
4G LTE対応のプリペイドSIMは、台灣大哥大、遠傳電信と同様に通信量に制限が設定されている。

■4G行動電話預付卡300型
販売価格:300台湾ドル(約1,160円)
無料通話:120台湾ドル (中華電信宛は2,000台湾ドル)
データ通信:1.2GB

■4G行動電話預付卡500型
販売価格:500台湾ドル(約1,930円)
無料通話:200台湾ドル (中華電信宛は3,000台湾ドル)
データ通信:2.2GB

中華電信を含めて、台湾で4G LTE対応のプリペイドSIMを提供する各社のサービス内容比較は以下。

台湾の4G LTE対応SIMの価格/サービス内容比較

事業者名 中華電信 台灣大哥大 遠傳電信 亞太電信
プラン 販売価格:$ 300
通信量:1.2GB
無料通話:$ 120
(網内 $ 2,000)
有効期間:不明
販売価格:$ 300
通信量:1.2GB
無料通話:$ 100
(網内 $ 2,000)
有効期間:30日間
販売価格:$ 300
通信量:1.2GB
無料通話:$ 100
(網内 $ 2,000)
有効期間:30日間
[通信無制限]
4日間:$ 250
6日間:$ 300
8日間:$ 400
11日間:$ 500
13日間:$ 700
15日間:$ 750
販売価格:$ 500
通信量:2.2GB
無料通話:$ 150
(網内 $ 3,000)
有効期間:不明
販売価格:$ 500
通信量:2.2GB
無料通話:$ 195
(網内 $ 3,000)
有効期間:30日間
販売価格:$ 500
通信量:2.2GB
無料通話:$ 195
(網内 $ 3,000)
有効期間:30日間
販売価格:$ 1,000
通信量:8GB
無料通話:不明
有効期間:180日間

※$ = 台湾ドル

台湾で4G LTE対応SIMを取扱いする通信事業者の中で、LTEでも「容量無制限」を提供しているのは亞太電信のみ。

亞太電信の4G LTE対応プリペイドSIMは、桃園空港第2ターミナルのイミグレーション前にあるカウンターでのみ入手可能となっており、入国後および松山空港から入国する場合は購入ができない。
関連エントリ:【台湾】桃園空港で亞太電信のプリペイドSIMを購入 – データ通信量無制限で4G LTEが利用可能! | shimajiro@mobiler