UQ、八重洲地下街のWiMAX 2+エリア整備を完了

スポンサーリンク

UQコミュニケーションズは、東京駅に隣接する八重洲地下街のWiMAX 2+エリア整備が5月28日に完了したことを発表。八重洲地下街では既にWiMAXのサービスエリア化されていたが、WiMAX 2+のエリア化に伴い従来よりも高速な通信サービスが利用可能となる。

UQコミュニケーションズのプレスリリースは以下より。

WiMAX 2+サービスの地下街エリア拡大について(東京駅 八重洲地下街) | UQ WiMAX|超高速モバイルインターネットWiMAX2+

UQコミュニケーションズ株式会社(本社:東京都港区、社長:野坂 章雄、以下UQ)は、2015年5月28日(木)に、八重洲地下街(所在地:東京都中央区八重洲2-1 地下1階・地下2階)において、超高速モバイルインターネットWiMAX 2+のエリア整備を完了しましたので、お知らせします。

■八重洲地下街の対応エリア詳細
B1F商業フロアー店舗、通路全域
B2F貸会議室フロアー(八重洲倶楽部)

なお、UQコミュニケーションズはJR東京駅のキッチンストリートおよび黒塀横丁をWiMAXエリア化しているが、これらのエリアに関しては今回のWiMAX 2+対応エリアには含まれていない。

JR東京駅のキッチンストリートおよび黒塀横丁のエリア整備完了のプレスリリース(2013年5月)については以下。
WiMAXご利用エリアの拡大について(JR東京駅キッチンストリート・黒塀横丁) | UQ WiMAX|超高速モバイルインターネットWiMAX2+

UQコミュニケーションズの新規入会キャンペーンは以下より。