ジェットスター・ジャパン:国内LCC初の搭乗者数1,000万人突破も経営赤字が続く

スポンサーリンク

ジェットスター・ジャパンは国内のLCCでは最速となる、搭乗者数1,000万人を突破したことを発表。就航開始から3年1カ月での到達は国内LCCで最速となるだけでなく、国内のLCCとしては初の搭乗者数1,000万人突破。なお、関空を拠点とするLCC「Peach(ピーチ)」も8月上旬に搭乗者数が1,000万人を突破する見込み。

ジェットスター・ジャパンのプレスリリースは以下より。

ジェットスター・ジャパン、国内 LCC として最短最速で累積搭乗者数 1000 万人を突破 – PDF

ジェットスター・ジャパン株式会社(本社:千葉県成田市、代表取締役会長:片岡優)は、2012年7月3日(火)の就航から2015年8月5 日(水)までの累積搭乗者数が1000万人を突破したこと
をお知らせいたします。3年1ヵ月での 1000万人突破は、国内LCC として最短最速での達成となります。

ジェットスター・ジャパンでは、搭乗者数1,000万人突破を記念し、ジェットスター国内線で成田空港を出発する搭乗客を対象に、セルフィー棒の貸出を行い、ジェットスターのキャビンクルーや公式キャラクター「ジェッ太」と記念撮影ができるイベントを開催する。イベントは8月6日(木)07:30 〜 17:30、場所は成田空港第三ターミナル サテライト。その他、8月6日のジェットスター全便で各1名に1,000万人記念クリスタルと、3,900円分のThank You バウチャーが当たるプレゼントが実施される。

ジェットスター・ジャパンは搭乗者数が増えている一方で収支面では大幅な赤字が続いている。直近の2014年6月期の決算では、売上高290億円に対して当期純損失が111億円(前期は88億)。ジェットスター・ジャパンに続いて搭乗者数1,000万人が間近に迫るPeach(ピーチ)が二期連続で黒字を達成しているのに対して、決算面ではジェットスター・ジャパンが苦戦している。

なお、冒頭に記載した通りPeach(ピーチ)も近日中に搭乗者数が1,000万人を突破する見通し。
関連エントリ:Peach:搭乗者数1,000万人記念 – 抽選で10,000円分のピーチポイントをプレゼント | shimajiro@mobiler