初代WiMAXユーザの2+への機種変更キャンペーン、10月以降は事務手数料3,000円が発生

UQコミュニケーションズは、初代WiMAX利用者向けに行っているWiMAX 2+対応機種向けの機種変更キャンペーン(ギガヤバ移住計画)を9月末で終了、10月以降はキャンペーン内容を変更し事務手数料3,000円(9月末までは無料)が有料となることを発表している。

UQコミュニケーションズのプレスリリースは以下より。
WiMAXからWiMAX 2+への「おトクに機種変更」のご案内 | UQ WiMAX|超高速モバイルインターネットWiMAX2+

UQコミュニケーションズ株式会社は、現在、WiMAX機器(WiMAX 2+非搭載)をご利用中のお客様が、より超速で快適なWiMAX 2+機器に機種変更いただく際に、契約解除料、登録料、WiMAX 2+機器代金が無料に加えて、「UQ Flatツープラス ギガ放題」が月額3,696円※のままで2年間ご利用いただける4つの特典をご提供しておりますが、本年9月30日をもちまして終了いたしますので、お知らせいたします。

■ギガヤバ移住計画特典内容
(1)契約変更に伴う手数料(3,000円)が無料 → 10月以降は有料
(2)初代WiMAXサービスの契約解除料が無料 → 10月以降も継続
(3)WiMAX 2+端末代金が無料 → 10月以降も継続
(4)月額料金が二年間、3,696円/月 → 10月以降も継続
※各種価格は税別

UQコミュニケーションズは、WiMAX 2+のキャリアアグリゲーション対応に伴い、対応エリア内ではWiMAXサービスが下り最大40Mbps → 13.3Mbpsへと低速化してしまうため、初代のWiMAXユーザが端末代や月額料金などの負担ナシにWiMAX 2+へと機種変更できる「ギガヤバ移住計画」を発表していた。

初代WiMAXユーザにとって気になる「WiMAX 2+の速度制限」については、2015年5月後半より実際に速度制限を開始。直近3日間で3GBを超えた場合の通信速度が最大で1Mbps程度に制限されていた。その後、ユーザからの反応が大きかったためUQコミュニケーションズは「より利便性の高い速度制限」に変更することを発表。同時に、暫定対応として通信速度制限を最大で6Mbps程度に緩和した。(速度制限時の速度は非公開)
関連エントリ:WiMAX 2+「直近3日間で3GB」の速度制限を上限6Mbps程度に緩和 – 速度制限時でもかなり実用的に | shimajiro@mobiler

直近3日間の通信量に基づく速度制限の上限が1Mbps程度となっていた頃は「速度制限が厳しい」と感じることがあったけれど、6Mbps程度まで高速化された後は、速度制限を感じることは少なくなったので、個人的にはモバイル用であれば不都合を感じることは特に無い。
※ただし、現状の「制限時の速度上限6Mbps」は今後変更となる可能性もある点は注意。

「ギガヤバ移住計画」の他にも、UQコミュニケーションズは9月限定のキャンペーンとして商品券が10,000円分還元されるキャンペーンを開催中。UQコミュニケーションズ本家が開催するキャンペーンは、商品券3,000円程度の還元が多いので、通常と比べると還元額は大きい。WiMAX 2+サービスを新規契約する場合はこのキャンペーンを活用するのもあり。

UQコミュニケーションズのWiMAXキャンペーンページは以下より。