URoad-Home 2+はモバイルバッテリーでも利用可能 – ケーブルはAmazonで入手可

WiMAX 2+に対応する据置型のWi-Fiルータ「URoad-Home 2+」で使える電源ケーブルを探していたところ、電源ケーブルはAmazonなどでカンタンに購入可能。なおかつ、同梱されているUSBアダプタ以外にもモバイルバッテリーを電源としてURoad-Home 2+が使えることが確認できた。

まずは必要となるUSBケーブルについて。

■URoad-Home 2+に同梱されている電源ケーブル
URoad-Home 2+同梱されているケーブル

URoad-Home 2+で利用可能な電源ケーブルの仕様は外径5.5mm、内径2.1mmのもので、電器店やAmazonにて販売されている。

■URoad-Home 2+用に購入した電源ケーブル
購入したケーブル

同型のケーブルはAmazonにて500円以下で販売されている。

カモン 【(COMON)製】USB(A)←→DCジャック(外径:5.5φ/内径:2.1φ)/黒/1.2m【DC-5521】 カモン 【(COMON)製】USB(A)←→DCジャック(外径:5.5φ/内径:2.1φ)/黒/1.2m【DC-5521】

COMON
売り上げランキング : 10529

Amazonで詳しく見る by G-Tools

URoad-Home 2+に標準で同梱されている電源ケーブルは、端子が真っ直ぐに伸びるタイプのものなのでURoad-Home 2+本体を設置する裏側に必要なスペースが大きくなるのがネック。それを解決することができるのは、端子がL字(直角型)型のケーブルで、こちらもAmazonなどで購入が可能。

L字タイプの電源供給ケーブルは以下にて。

カモン USB→DC(外径5.5mm内径2.1mm)電源供給ケーブル カモン USB→DC(外径5.5mm内径2.1mm)電源供給ケーブル

COMON
売り上げランキング : 3073

Amazonで詳しく見る by G-Tools

これらの電源ケーブルを使って、手元にあったモバイルバッテリーで試してみたところ、Ankerの「Anker Astro E4」や、ASUSのZenPowerなどのモバイルバッテリーからURoad-Home 2+を起動可能であることが確認できた。(長時間の動作確認は行っていないので、連続利用可能時間などなどは不明。)

■モバイルバッテリーからの起動もok
モバイルバッテリーからの起動もok
モバイルバッテリーからの起動もok

URoad-Home 2+はその名の通り「固定回線代わりに使える」Wi-Fiルータで、外部アンテナが接続できる点や、Wi-Fi側の出力が強い点などが、WX01やW01などのモバイルWi-Fiルータと比べたメリット。持ち運びに適したサイズではないけれど、いちおうモバイルバッテリー経由での起動や、互換性のある電源ケーブルがある。ということは覚えておくと利用シーンが広がるかも。

WiMAX 2+のサービス紹介は以下より。