WiMAX 2+対応モバイルWi-Fiルータ 3機種のスペック比較

スポンサーリンク

WiMAX 2+対応のモバイルWi-Fiルータ『Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15』が発表されたので、HWD15、NAD11、HWD14の3機種のスペック比較。

HWD15/NAD11/HWD14のスペック比較

型番 Wi-Fi WALKER
WiMAX 2+ HWD15
Wi-Fi WALKER
WiMAX2+ NAD11
Wi-Fi WALKER
WiMAX2+ HWD14
メーカー Huawei NECプラットフォームズ Huawei
発売日 2014年7月31日 2014年6月20日 2013年10月31日
実売価格 HWD15単体:4,800円
クレードルセット:6,800円
※UQオンラインショップの販売価格
※UQ Flatツープラスお得割適用時
NAD11単体:2,800円
クレードルセット:4,800円
※UQオンラインショップの販売価格
※UQ Flatツープラスお得割適用時
800円
※UQオンラインショップの販売価格
※UQ Flatツープラスお得割適用時
ネットワーク&通信速度 ■au 4G LTE
下り最大 75Mbps
上り最大 25Mbps

■WiMAX 2+
下り最大 110Mbps
上り最大 10Mbps

■WiMAX
下り最大 40Mbps
上り最大 15.4Mbps

■WiMAX 2+
下り最大 110Mbps
上り最大 10Mbps

■WiMAX
下り最大 40Mbps
上り最大 15.4Mbs

■au 4G LTE
下り最大 75Mbps
上り最大 25Mbps

■WiMAX 2+
下り最大 110Mbps
上り最大 10Mbps

■WiMAX
下り最大 40Mbps
上り最大 15.4Mbps

WiMAXハイパワー
Wi-Fi通信 IEEE802.11b/g/n (LAN)
IEEE802.11a/b/g/n (WAN)
IEEE802.11ac/11n/11a (5GHz)
IEEE802.11n/11g/11b (2.4GHz)
※LAN側も5GHz対応
IEEE802.11b/g/n (LAN)
IEEE802.11a/b/g/n (WAN)
バッテリ容量 3,000mAh
バッテリ交換不可
2,100mAh
バッテリ交換対応
3,000mAh
バッテリ交換不可
連続通信時間 4G LTE接続時:約600分
WiMAX 2+接続時:約650分
WiMAX接続時:約640分
WiMAX 2+接続時:約420分
WiMAX接続時:約630分
4G LTE接続時:約550分
WiMAX 2+接続時:約540分
WiMAX接続時:約570分
連続待受時間 ECOモード:約970時間
[クイックアクセスモード]
 約37時間(WiMAX 2+)
 約40時間(WiMAX)
 約38時間(4G LTE)
休止状態:約500時間
※リモート起動有効時は300時間
ウェイティング:約30時間
ECOモード:約950時間
[クイックアクセスモード]
 約27時間(WiMAX 2+)
 約29時間(WiMAX)
 約31時間(4G LTE)
最大同時接続数 10台 10台 10台
USB接続 Windows/Macに対応 Windows/Macに対応 Windows/Macに対応
端末サイズ 幅 64mm
高さ 104mm
厚さ 14.9mm
幅 109mm
高さ 65mm
厚さ 8.2mm
幅 62mm
高さ 100mm
厚さ 15.5mm
重さ 約140g 約81g 約140g
クレードル対応
リモート起動
※Bluetoothまたは専用アプリケーションから連携起動

Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15は、前モデルであるHWD14との比較で、

・WiMAXハイパワー対応
・クレードル連携に対応

という二点が新機能としてはメインになっている。

NECプラットフォームズ(旧:NECアクセステクニカ)の『NAD11』と比べると、auの4G LTEに対応している。という点が差別化ポイントとなる点は変わらず、WiMAXおよびWiMAX 2+のエリアでは物足りない。という場合はHWD15またはHWD14が有力な選択肢となる。

その他、HWD14と比べての改善ポイントとしては、連続通信時間や待機時の連続待機時間が改善されており、バッテリ交換が不可能なモデルとしては嬉しい改善ポイントと言える。実用上大きそうなのは連続通信時間の延長よりも、クイックアクセスモードにおける連続待機時間の延長で、WiMAXおよびWiMAX 2+の場合はそれぞれ10時間(約35%)延長されている。

NECプラットフォームズのNAD11は、IEEE 802.11ac対応や薄さ8.2mmなどインパクトのあるスペックになっているのと比べると、どうしても地味な感じがするのは否めないものの、WiMAXハイパワーへの対応や連続通信時間への延長などの点で、前モデル(HWD14)と比べると着実にスペックアップされている。

スペックからはわからない点は、HWD14では不評も多かった基本的な通信に関する性能で、この点は実際に使ってみないと何とも言えないので、購入したら使ってみる予定。