日本通信会長が「バンクの格安シムたのしみ」とツイート – ソフトバンク網のMVNOサービスをまもなく提供か

日本通信株式会社の代表取締役会長の三田氏は、自身の公式Twitterアカウント@FSSandaにて「バンクの格安シムたのしみ」(原文まま)とツイート。ソフトバンク網のMVNOサービスを正式提供するものと思われる。

日本通信の三田会長の一連のツイートは以下。

明確なサービス提供開始時期・内容については明らかにしていないものの、日本通信がソフトバンクのMVNOサービスを提供開始し、ソフトバンクのiPhoneを使っているユーザでも、日本通信のMVNOサービスを利用できるようになる模様。

なお、「iPhoneユーザ全員」としているものの、同社が提供するサービスにはKDDIのMVNOサービスは含まれていないため、おそらく「ドコモとソフトバンクのiPhoneユーザ」が正しいものと思われる。

また、英語でもツイート(同氏は日本語よりも英語の方が得意)している。

上記のツイートを意訳すると以下。

「これまで格安SIMを使えなかった全てのソフトバンクユーザは、間もなく格安SIMが利用可能に。ありがとう総務省!」

「日本通信以外のMVNOがソフトバンクのSIMを取扱いしたいと思うのは歓迎。日本通信に連絡してね。」

三田氏のツイートは断片的な情報のみとなっているので、サービスがいつから提供開始されるのかなど、詳細情報が気になるところ。

当然ながら、2月28日(日)07:30の時点では日本通信のWebサイトにてサービスの提供開始に関するお知らせなどなどは掲載されていない。

日本通信のWebサイトは以下にて。
日本通信株式会社|国内最大のMSO(Mobile Service Operator)

なお、ソフトバンクは「ワイモバイル」ブランドにて、iPhone 5sの一部モデルを2016年3月4日より発売することを発表している。
関連エントリ:ワイモバイル、iPhone 5s提供へ – 料金プランは月額2,980円より、ソフトバンクグループからのMNPでは月額3,980円から | shimajiro@mobiler