ドコモ・KDDI・ソフトバンクがWi-Fiスポットを無料開放 – SSIDは「00000JAPAN」

ドコモ・KDDI・ソフトバンクは、2016年4月14日に熊本県で大きな地震が発生したことに伴い、自社サービスの利用者向けサービスである公衆無線LANサービスを、自社サービス契約者以外にも無料開放。無料開放の対象となるエリアは各社異なるものの、基本的には熊本県を中心とした九州地方が対象。なお、無料開放されるWi-FiのSSIDは3社共通で「00000JAPAN」となる。

ドコモのお知らせは以下より。

ドコモからのお知らせ : 熊本県で発生した地震に伴う公衆無線LANサービスにおける「00000JAPAN」の運用について | お知らせ | NTTドコモ

株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)は、2016年4月14日(木)に熊本県を震源とする地震に伴い、熊本県内の公衆無線LANサービスにおける「00000JAPAN」の運用を開始いたします。これにより、無線LAN対応の携帯電話等をご利用の方は、ネットワーク名として「00000JAPAN」を選択いただくことで、ドコモのお客さまに限らずどなたでも、「docomo Wi-Fi」のサービスエリアにおいて、Wi-Fi通信が無料でご利用いただけます。

KDDIのお知らせは以下より。

九州全域における公衆無線LANの開放について | 2016年 | KDDI株式会社

KDDI株式会社、株式会社ワイヤ・アンド・ワイヤレス(以下、Wi2)は、本日8時36分時点より順次、九州全域(注)に設置されたau Wi-Fi SPOTを無料開放します。

ソフトバンクのお知らせは以下より。

熊本県で発生した地震に伴うソフトバンクWi-Fiスポットの無料開放について | ソフトバンク株式会社 | グループ企業 | 企業・IR | ソフトバンクグループ

ソフトバンク株式会社は、2016年4月14日に熊本県で発生した地震に伴い、九州地方において、公衆無線LANサービス「ソフトバンクWi-Fiスポット」を無料で開放します。これにより、無線LANに対応する携帯電話などの機種をご利用の方であれば、ソフトバンクのお客さまに限らずどなたでも、「ソフトバンクWi-Fiスポット」のサービスエリアにおいて、Wi-Fi通信が可能となります。

■提供開始日
2016年4月14日(木)より
※提供終了予定日などは不明

■提供エリア
・熊本県内および九州地方

■対象SSID
00000JAPAN

■対象者
スマートフォン・タブレット・PCなどで無線LAN接続が可能なデバイスを持っているユーザ。
→各キャリアのサービス契約者以外でも無料利用可能。

今回の各社の取り組みは「無線LANビジネス推進連絡会」において、大規模災害が発生した際に、各事業者が提供するWi-Fiサービスを通信手段の一つとして利用可能とする取り組みを各社が行ったことによるもの。

大規模災害時などの公衆無線LANサービスの無料開放に関する情報は無線LANビジネス推進連絡会のWebサイトに記載されている。

大規模災害時における公衆無線LANの無料開放について  |  無線LANビジネス推進連絡会【WiBiz(ワイビズ)】無線LANビジネス推進連絡会【WiBiz(ワイビズ)】