ソフトバンク、4G周波数で5Gサービス提供開始

スポンサーリンク

ソフトバンクは、2021年2月15日より、4G LTE向けの既存周波数帯で5Gサービスを提供して5Gサービスエリアを拡大する。対応エリアは千葉県、東京都、愛知県の一部エリアで、順次拡大する。

ソフトバンクのプレスリリースは以下にて。

LTE周波数帯の700MHz・1.7GHz・3.4GHz帯を利用した5Gサービスを2月15日から順次提供開始 | プレスリリース | ニュース | 企業・IR | ソフトバンク

ソフトバンク株式会社は、第5世代移動通信システム(以下「5G」)の3.7GHz帯および28GHz帯に加えて、現在LTE周波数帯として有効利用中の700MHz帯、1.7GHz帯および3.4GHz帯を利用した5Gサービスの提供を、2021年2月15日から千葉県、東京都および愛知県の一部エリアから順次開始します

ソフトバンクでは、3.7GHz帯と28GHz帯で5Gサービスを提供中。2021年2月15日から、これらの新周波数帯に加えて4G LTEで活用中の700MHz帯、1.7GHz帯、3.4GHz帯の周波数帯で5Gサービスを提供する。

■SoftBank:既存の4G LTE周波数で5Gサービス提供
SoftBank:既存の4G LTE周波数で5Gサービス提供

なお、既存のLTE周波数帯を利用した5Gの通信速度は、SoftBank 4GおよびSoftBank 4G LTEと同等程度になるととのこと。

既存のLTE周波数帯を利用した5Gの通信速度は、SoftBank 4GまたはSoftBank 4G LTEと同等となります。

■SoftBank:5Gエリアマップ
SoftBank:5Gエリアマップ

■5G向けに割り当てされた新規周波数
3.7GHz帯
28GHz帯

■4G LTEで活用中の周波数(うち5G提供の周波数帯)
700MHz帯
1.7GHz帯
3.4GHz帯

既存周波数の転用による5Gサービスを利用するためには、対応機種でソフトウェア更新が必要。第1弾としてXperia 5 IIが2月15日に対応する。iPhone 12シリーズについても対応予定ながら、具体的な対応時期は未定。

■機種毎の対応予定時期

機種名 対応時期 700MHz帯 1.7GHz帯 3.4GHz帯
Xperia 5 II 2月15日 対応予定 対応予定 対応予定
AQUOS sense5G 2月18日 対応予定 対応予定 対応予定
AQUOS R5G 3月以降 対応予定 対応予定 対応予定
LG V60 ThinQ 5G 3月以降 対応予定 対応予定
(時期未定)
対応予定
AQUOS zero5G basic 4月以降順次 対応予定 対応予定 対応予定
OPPO Reno3 5G 4月以降順次 対応予定 対応予定 対応予定
Pocket WiFi 5G A004ZT 4月以降順次 対応予定 対応予定 対応予定
Google Pixel 4a (5G) 4月以降順次 対応予定 対応予定 対応予定
Google Pixel 5 4月以降順次 対応予定 対応予定 対応予定
Redmi Note 9T 4月以降順次 対応予定 対応予定 対応予定
iPhone 12シリーズ 順次対応予定 対応予定 対応予定 対応予定