【ドコモ】Android 11で「エリアメール」を「緊急速報メール」に変更、「やさしい日本語」を廃止

スポンサーリンク

ドコモは、Android 11の提供開始に伴い、緊急地震速報や津波警報を受信する「エリアメール」の名称を「緊急速報メール」に変更した。

大きな揺れの発生が予想される地震の発生や、津波警報などをいち早くスマートフォンに通知する機能については変更は無い。

「エリアメール」→「緊急速報メール」への名称変更や、小学校3年生レベルかつ日本在住1年程度の外国人を対象とした「やさしい日本語」の設定が廃止されているほか、Android 11へのOS更新後は、更新前に受信したエリアメールの履歴が削除される。

■ドコモ、Android 11で「エリアメール」を「緊急速報メール」に名称変更
「エリアメール」を「緊急速報メール」に名称変更

■Android 10以前の機種では「エリアメール」の表記
Android 10以前の機種では「エリアメール」の表記

ETWS(Earthquake and Tsunami Warning System)に基づいて配信される緊急地震速報や津波警報などのメッセージ配信は、ドコモが「エリアメール」、KDDI、ソフトバンク、楽天モバイルが「緊急速報メール」の名称を使っていた。ドコモでは、Android 11以降のスマートフォンについては他社にあわせて「緊急速報メール」と呼称する模様。
※なお、iPhoneでは端末上「緊急速報」として通知される。

Android 11への更新により廃止される機能は、やさしい日本語設定と、翻訳・アプリ連携設定。

さらに、受信時のサンプル画面と音声を確認する「受信画面および着信音確認」が削除されている。(サンプル画面と音声の確認については削除に関する言及がされていないが、実機からは確認できなくなっている。)

緊急速報メールやエリアメールの受信音量の変更方法、通知のオン/オフ切り替えに関する設定は以下エントリにて。

iPhone、Androidでエリアメール・緊急速報メールをオフ・受信音量を変更する方法
緊急地震速報、津波警報、気象等に関する特別警報をスマートフォンやケータイで受信する「エリアメール」(緊急速報メール)をオフ、または標準設定では最大音量の受信時の音量を変更する方法。 エリアメールは、災害発生時等に生命・財産を守るために緊急性が高い情報を受け取りする手段ではあ...