台湾モバイル、事前のユーザ登録なしでオンラインから無制限プラン購入・トップアップする方法

スポンサーリンク

台湾の通信事業者「台灣大哥大」(台湾モバイル)のプリペイドSIMカードで、事前のユーザ登録なしでオンライントップアップやパッケージ購入する方法のご紹介。

■台湾モバイルのプリペイドSIM

従来、台灣大哥大のプリペイドSIMでは台湾に居る間にSMSでパスワードを取得の上、ユーザ登録を行わなければオンライントップアップなどが行えなかったけれど、この作業を行っていない場合でもオンラインでのトップアップ(やパッケージ購入)が可能となっていた。

※更につけ加えると、4G LTE対応プリペイドSIMでも日本でのローミングが可能になっているので、日本に帰国後にローミングを有効にしてアカウント作成をすることも可能。ただし、アカウント作成を行わない方法の方がカンタンなのでこちらをご紹介。

台灣大哥大のプリペイドSIMカード向け残高確認&トップアップは以下にて。

台灣大哥大 – 預付卡餘額&儲值 – 網路門市
※言語は繁体字/簡体字/英語

■電話番号、パスポート番号、セキュリティコードでログイン
台湾モバイル:ユーザ登録をしていない状態でトップアップする方法

電話番号・パスポート番号・セキュリティコードを入力してログインすると、購入可能なプランの一覧が表示されるので、必要なパッケージなどなどを選択の上、クレジットカードにて決済を行えば手続は完了。

■購入可能なプラン一覧
オンライン購入可能なプラン

購入可能なプランには、計量型(Valume Plans)のほか計日型(Day Plans)がある。容量無制限プランは計日型(Day Plans)。

2016年8月20日現在、上記ページから購入可能な無制限パッケージは以下。

(1)1日プラン:100台湾ドル
(2)3日プラン:300台湾ドル
(3)5日プラン:500台湾ドル
(4)30日プラン:899台湾ドル(15GBまで高速、以降5Mbps以下に制限)

台湾の通信事業者がプリペイドSIM向けに提供しているオンラインでのトップアップ・パッケージ購入に関しては、ユーザ登録不要でトップアップが行えるという点で台湾之星が便利だったけれど、台灣大哥大も同様に(事前の)アカウント作成不要でトップアップ&パッケージ購入ができるようになっているのは便利。

台湾は空港内にてプリペイドSIMカードの購入が非常にカンタンではあるけれど、最近はLCCで台湾に深夜着のフライトも増えており、各通信事業者のカウンターが営業していない時間に台湾に到着する場合もあるので、台湾リピーターにとってはオンラインでプラン購入が(多少割高であっても)便利。という事情もあるので、覚えておくと良さそう。
※ちなみに、台湾の各通信事業者のプリペイドSIMの有効期限は最終チャージから180日が基本になっているので、前回のSIMカード購入(やトップアップなど)から180日以内であれば、オンラインでのトップアップが可能。

台湾之星のプリペイドSIMでオンライントップアップ・プラン購入する方法に関しては以下にて。
【台湾】台湾之星のプリペイドSIM向け容量無制限プランをオンライン購入する方法 | shimajiro@mobiler

コメント

  1. Hiroyuki SATO より:

    2014か15年からこうなってたと思います。
    大哥大のSIM使っていますが、いつもこの手で延長と追加していますね。