台湾モバイル:空港で買える4G LTEプリペイドSIMに30日使い放題プランを追加、オンラインでは899台湾ドル

台湾の通信事業者「台灣大哥大」(台湾モバイル)は、空港限定で販売しているプリペイドSIMカード(4G LTE)向けの料金プランに、新たに30日プランを追加。

新たに追加された30日プランの料金は1,000台湾ドル(約3,200円)で、インターネットが30日間使い放題、430元相当の音声通話が利用できる。

■台灣大哥大:空港で購入できる4G LTE無制限プランに30日プランを追加
台灣大哥大:空港で購入できる4G LTE無制限プランに30日プランを追加

参考に、変更前の台湾モバイルのプラン(プリペイドSIMカード向け)は以下。
料金プランの変更により、1,000台湾ドルで購入できるインターネット使い放題プランが15日間→30日間の2倍になり、また音声通話も400元→430元と増加している。

■台灣大哥大:2015年7月時点でのプリペイドSIMカード向けプラン

※空港にて販売されているプランのみ紹介

台湾の空港にて購入可能なプリペイドSIMカードでは、中華電信が販売する30日プランが1,000台湾ドルで、台湾モバイルや遠傳電信などと比べて安く設定されていたけれど、台湾モバイルは今回のプラン変更にて中華電信に価格を揃えた形。

また、オンラインで購入可能なプラン(パッケージ)のうち、インターネットが使い放題となる「計日型」プランにも同じく30日プランを追加。こちらは空港で購入するよりも安い899元(約2,900円)となっている。ただし、オンラインでの30日プランは何故か購入することができなかった。

■台灣大哥大:プリペイドSIMカード向けパッケージに30日プラン(使い放題)を追加
台灣大哥大:プリペイドSIMカード向けパッケージ

■台灣大哥大:計日型の30日プランが購入できない
台灣大哥大:計日型の30日プランが購入できない

台湾モバイルの4G LTE対応プリペイドSIMカードは、事前登録なしでもオンライン上でプラン購入ができるようになっているので、深夜・早朝便の利用などで空港のSIMカード販売カウンターが営業していない時間帯に台湾に入国する場合でも、インターネット使い放題などのパッケージが気軽に購入できるようになったのは嬉しいポイント。
関連エントリ:台湾モバイル、事前のユーザ登録なしでオンラインから無制限プラン購入・トップアップする方法 | shimajiro@mobiler

台灣大哥大のプリペイドSIMカードは以下にて。
台灣大哥大 – 預付卡產品 – 資費&手機