BIGLOBEが海外モデルのiPhone SEを販売・端末代コミで月額2,780円より、FaceTime不可・シャッター音ならないかも

BIGLOBEは、2017年1月19日(木)よりAppleのスマートフォンiPhone SEの取扱いを開始。BIGLOBEにて取扱いされるiPhone SEは容量16GB、カラーはゴールドのみ。

BIGLOBEでのiPhone SE本体代金は通常49,920円(税別)のところ、1月19日から1月末までのキャンペーンとして45,120円(税別)になるキャンペーンが開催されている。

BIGLOBEのサービス紹介&申込は以下にて。
BIGLOBEスマホ

BIGLOBE iPhone SE本体代金&月額料金

■iPhone SE本体代金
通常価格:2,080円 * 24カ月 = 49,920円(税別)
割引価格:1,880円 * 24カ月 = 45,120円(税別)
※割引価格は2017年1月19日から1月末に申込で適用される。

■BIGLOBE SIM基本使用料
12ギガプラン:2,700円/月
ライトS(6GB):1,450円/月
エントリー(3GB):900円/月
※データ通信プランで記載。音声通話は各プランに+700円/月

■その他キャンペーン
初月無料 + 6カ月間1,000円/月割引
(6カ月割引特典は、ライトSおよび12ギガプランのみ適用される)

月額料金が最も安い「エントリー」にて契約する場合、端末代(割賦払いを想定)が毎月1,880円/月に加えて、基本使用料の900円/月の合計金額2,780円/月が毎月の支払金額となる。

販売されるiPhone SEは海外モデル、FaceTime利用不可、シャッター音ならないかも

BIGLOBEにて販売されるiPhone SEのモデルは海外向けに販売されているモデルまたは海外でのメーカー整備品であるとされ、日本国内向けの純正品と比べるとFaceTimeが利用できない(追加インストールも不可)点や、印刷物に日本語表記が無い、カメラのシャッター音が鳴らないモデルとなる場合がある。などの相違があり、BIGLOBEの商品説明でもその旨が記載されている。

FaceTimeに関する説明は以下。

「FaceTime」はご利用いただけません

アプリケーション「FaceTime」は、インストールされていません。追加でインストールしてご利用いただくこともできませんので、あらかじめご了承ください。

KDDIによる完全子会社化で早期に販売終了となる可能性も…

BIGLOBEブランドを展開するビッグローブ株式会社は、KDDIに買収されることが発表済み、2017年1月末を目処に完全子会社化される予定。

ビッグローブ株式会社の買収に関しては以下にて。

KDDIのニュースリリース KDDIによるビッグローブの子会社化について

今後、2017年1月末を目途に、総額約800億円で取得し、完全子会社化する予定です。

KDDIグループが展開するMVNOとしては、UQ mobileがiPhone 5sを取扱いしているものの、iPhone SEについてはUQ mobileによる取扱いはされていない。

KDDIによる完全子会社化が完了した後、BIGLOBEによるiPhone SE海外モデルの販売については早期に販売終了となる可能性も考えられる。

なお、Apple StoreでのiPhone SE 16GB(SIMフリー)の本体価格は44,800円(税別)となっているため、基本的にはApple StoreにてiPhone SEを単体購入し、BIGLOBEなど好きなMVNO(またはMNO)のSIMカードを挿して利用するほうが本体代は安上がりと言える。

iPhone SEを購入 – Apple(日本)