【mineo】事前予告なしの「通信の最適化」をお詫び、画像圧縮や動画閲覧時の速度制限を明らかに

スポンサーリンク

ケイ・オプティコムが提供するMVNOサービス「mineo」は、一部ユーザーからの指摘で明らかになった「通信の最適化」を2018年4月10日より実施していることを明らかにし、実施に伴う事前告知が無かったことをお詫び。更に、通信の最適化の対象となる時間帯や、詳細な実施内容を明らかにした。

モバイル事業戦略グループ グループマネージャーの上田氏によるお詫びは以下。
(実施内容の詳細が公開される前に掲載された)

通信の最適化に関する事前の情報公開未実施のお詫びについて | スタッフブログ | マイネ王
【mineo】通信の最適化の実施内容について

上田氏は記事で、通信の最適化を開始したタイミングが2018年4月10日からであったことが明らかにされた。

通信の最適化を導入した理由は「通信速度を改善するため。」で、通信の最適化を実施している以外に、ユーザー数やユーザーの利用状況にあわせた定期的な回線増強を行っていること、現在の利用者層とは異なる利用者を獲得し、現在のピーク時間帯と非ピーク時間帯の差を小さくすることで、設備の利用効率改善に取り組んでいることを説明。

通信の最適化に関しては、mineoのサービス約款に記載があるとしながらも、事前説明なしに実施したことはブランドステートメントである「Fun with Fans!」の姿勢に反するものであったとしてお詫びしている。

約款上は「契約者に事前に通知することなく通信利用の制限を行うことがあります。」と記載していたものの、ブランドステートメント「Fun with Fans!」を掲げ、情報公開を積極的にしていくmineoの企業姿勢として、今回の内容は契約者の方々へ事前説明しておくべき事項であったと深く反省しております。申し訳ございませんでした。

■Fun with Fans!を掲げるmineo
Fun with Fans!を掲げるmineo

その後、追って公開された「通信の最適化」に関する詳細な実施内容は以下。

通信の最適化の実施内容について | スタッフブログ | マイネ王

■データ圧縮
・テキストデータ
テキストデータの無劣化圧縮

・静止画
JPEG/PNG/GIFフォーマットの画像を「見た目を大きく損なわない程度」に圧縮

■トラフィック制御
・TCP最適化
ネットワークの混雑度合いに応じてTCPウィンドウサイズを変更し、パケットロスや再送を抑制

・動画ページング、SSLページング、QUICページング
動画閲覧時に、端末のバッファ残量を推定のうえ、動画データの送信ペースをコントロール。(余裕があったら送りすぎない)また、低速度環境下でも安定した動画閲覧を可能とするために、最大配信速度を抑制。

■その他
「データ圧縮」「トラフィック制御」は共に、インターネット→端末側への下り方向のみ適用。上り方向のトラフィックは最適化の対象外。

■対象時間帯(テキスト圧縮、ページング)
平日:7:30~9:00、12:00~13:30、17:30~24:00
土曜:11:00~23:00
日曜:12:00~23:00

■静止画圧縮、TCP最適化
平日:7:30~9:00、12:00~13:30、17:30~19:00
土曜:11:00~19:00
日曜:12:00~19:00

なお、上記の対象時間帯については、以下の通り変更が行われた。

(5月8日 12:15追記)
・テキスト圧縮、ペーシング、静止画圧縮、TCP最適化の適用時間帯を以下の通り変更いたしました。
平日:7:30~8:30、12:00~13:00、18:00~19:00
土日:適用なし

事前予告無しに「通信の最適化」を行っていることがGW期間中に明らかになり、連休明けに謝罪・詳細説明と素早い対応を行ったものの、「通信の最適化」を適用されないための方法は(mineoサービスを利用する以上は)案内おらず、オプトアウトする手続に関して今後の見通しも明らかにされていない。