大阪で震度6弱、携帯各社の災害用伝言板が稼働

スポンサーリンク

ドコモ・KDDI・ソフトバンクは、2018年6月18日(月)07:58頃に大阪を震源に発生した地震の発生に伴い、災害用伝言板サービスを提供開始。

被災地域に居住・滞在中のユーザーが、携帯電話やスマートフォンから安否情報を登録すると、

ドコモ
災害用伝言板

KDDI(au)
災害用伝言板

ソフトバンク
災害用伝言板(ソフトバンク)

Y!mobile
災害用伝言板 | ワイモバイル(Y!mobile)

Googleの提供する安否情報確認「Googleパーソンファインダー」は以下。

Googleパーソンファインダー
パーソンファインダー (安否情報): 日本

なお、気象庁では大地震発生後に同程度の地震が発生する割合が1〜2割程度ある。としており、今後の余震にも注意を呼びかけている。

気象庁|報道発表資料

過去の事例では、大地震発生後に同程度の地震が発生した割合は1~2割あることから、揺れの強かった地域では、地震発生から1週間程度、最大震度6弱程度の地震に注意してください。特に今後2~3日程度は、規模の大きな地震が発生することが多くあります。