ドコモ・au・ソフトバンクがiPhone、iPad向けに「+メッセージ」提供開始。MVNOは非対応

スポンサーリンク

NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの3社は、iPhone・iPad向けの「+メッセージ」を2018年6月21日(木)より提供開始。アプリケーションのダウンロードは3社共通で「AppStore」より行える。なお、MVNO回線を利用時には「+メッセージ」サービスは利用できない。

「+メッセージ」のダウンロードは以下にて。

iPhone向け「+メッセージ」は以下にて。
「+メッセージ(プラスメッセージ)」をApp Storeで

iPad向け「+メッセージ」は以下にて。
「+メッセージ(プラスメッセージ)」をApp Storeで

「+メッセージ」は、電話番号を知っている相手に対してメッセージを送信するサービスで、グループチャットやスタンプの送受信もサポートしている。

iOS向けより一足早く、Android向けのサービスが2018年5月9日に開始されているものの、ソフトバンク向けについてはサービス開始後のトラブルによりダウンロードが一時中断している(サービス自体は正常に稼働している。)

Android向けの「+メッセージ」サービス開始に関する情報は以下エントリにて。
ドコモ・KDDI・ソフトバンクが「+メッセージ」提供開始、ソフトバンクはアプリ配信一時停止も

ソフトバンクのAndroid向けは別アプリとして提供準備中

一方、サービス開始直後から配信を一時停止している、ソフトバンクのAndroid端末向けの「+メッセージ」アプリは、「SoftBankメール」をアップデートする方式ではなく、別アプリとして「SoftBankメール」と「+メッセージ」が共存する形式で提供される。

「+メッセージ」のiPhone・iPad向けアプリの提供開始およびAndroid™ 搭載機種向けアプリ提供方針のご案内 | 個人のお客さまへのお知らせ | お知らせ | モバイル | ソフトバンク

また、現在配信を一時的に停止している、Android™ 搭載スマートフォンやタブレット向けの「+メッセージ」アプリと「SoftBankメール」アプリは、サービス開始時、「SoftBankメール」アプリが「+メッセージ」アプリに切り替わる形式でアプリを提供しましたが、お客さまの利便性を考慮し、今後は「+メッセージ」と「SoftBankメール」をそれぞれ別のアプリとして提供します。

ソフトバンクのAndroid端末向け「+メッセージ」は、「SoftBankメール」をアップデートする形でGoogle Playにて配信を行ったため、インストールした覚えが無いユーザーが誤ってアプリを削除→メールデータが消失する事故が多数発生した模様。