ドコモ・KDDI・ソフトバンクが「+メッセージ」提供開始、ソフトバンクはアプリ配信一時停止も

スポンサーリンク

ドコモ・KDDI・ソフトバンクは、2018年5月9日(水)より「+メッセージ」サービスを提供開始。

アプリケーションの提供方法はキャリア毎に異なり、ドコモとKDDIは専用マーケットを通じて新規アプリとして提供、ソフトバンクはGoogle Playを通じて、既存の「SoftBankメール」をアップデートする形で提供している。

各社の「+メッセージ」アプリダウンロード方法は以下にて。

アプリダウンロード方法

・ドコモ
専用マーケットからダウンロード

・KDDI
auマーケットからダウンロード

・ソフトバンク
Google Playからダウンロード
※既存の「SoftBankメール」がアップデートされる。

ソフトバンクは一時配信停止

専用マーケットを通じて新規アプリとして提供しているドコモ・KDDIと異なり、ソフトバンクはキャリアメールサービスである「SoftBankメール」アプリを「+メッセージ」アプリにアップデートして提供している。

このため、キャリアメールである「SoftBankメール」アプリが「+メッセージ」にアップデートされることを意識せずに、アプリケーションのアップデートを行ったユーザーが、誤って「+メッセージ」をアンインストールしてしまうと、これまでにやりとしたメール履歴が消去される。

意図せずに「+メッセージ」にアップデートのうえ、アプリケーションをアンインストールしてしまう事故が相次いだため、Google Playストアでの「+メッセージ」提供を一時的に停止しているほか、アプリ提供を一部のユーザーに限定している。

ソフトバンクのお知らせは以下にて。

「+メッセージ(プラスメッセージ)」に関するご注意 | 個人のお客さまへのお知らせ | お知らせ | モバイル | ソフトバンク

2018年5月9日(水)よりサービスの提供を開始しました「+メッセージ」につきまして、誤ってアンインストールすることを防ぐため、「SoftBankメール」アプリを含め、現在 Google Play™ ストアでのアプリの配信を一時的に停止しております。[5月10日(木)追記]

また、サービスの安定稼働を図るため、アプリの提供を一部のお客さまに制限しております。

残念ながら、既にアプリをアップデート→アンインストールした場合のメールデータについては(バックアップを行っていなければ)復旧することができない。

Google Play上のレビューを見ると、意図せずアップデート→アンインストールしてしまったことによるデータ消失に怒るユーザーや、アプリケーションの使い勝手が悪い。などなどの理由で低評価が非常に多くなっており、ソフトバンクがどのような対応を取るのか注視したいところ。