+メッセージ、ドコモ・KDDI・ソフトバンクの全ブランドとMVNOで対応へ

スポンサーリンク

NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクは、メッセージングサービス「+メッセージ」の対応サービスをを拡大する。これまで+メッセージは3社のメインブランドと、ドコモのahamo、KDDIのpovoのみ対応しているが、これを全てのサブブランドとMVNO向けにも提供する。

提供時期は、KDDIのUQ mobileとMVNO回線が9月2日から、ドコモのMVNO回線には2021年9月下旬に、ソフトバンクのワイモバイル、LINEMO、MVNOには2022年春に提供を予定している。
KDDIのプレスリリースは以下にて。

「+メッセージ」が携帯3社すべてのブランドとMVNOで利用可能に | 2021年 | KDDI株式会社

KDDI株式会社 (以下 KDDI)、株式会社NTTドコモ (以下 ドコモ)、ソフトバンク株式会社 (以下 ソフトバンク) の3社 (以下 携帯3社) は、携帯電話番号で安心・安全にメッセージを送受信できるメッセージサービス「+メッセージ (プラスメッセージ)」をさらに多くのお客さまにご利用いただくため、「+メッセージ」に対応する通信サービスを2021年9月2日から順次、携帯3社すべてのブランドとMVNOに拡大します。

■「+メッセージ」対応時期

KDDI
対応時期 ブランド、サービス
対応済み au、povo
2021年9月2日 UQ mobile、MVNO
NTTドコモ
対応時期 ブランド、サービス
対応済み docomo、ahamo
2021年9月下旬 MVNO
ソフトバンク
対応時期 ブランド、サービス
対応済み ソフトバンク
2022年春予定 ワイモバイル、LINEMO、MVNO

+メッセージは、2018年5月にサービスを提供開始した。利用者数は2019年8月に1,000万人2020年2月に1,500万人、2021年7月に2,500万人を突破している。

一方、楽天モバイル(MNO)では+メッセージに対応せず、自社アプリの「Rakuten Link」を提供している。

+メッセージのダウンロードは以下にて。
+メッセージへの招待