Y!mobileのAndroid向けSIM+iPhoneでAPN構成プロファイルダウンロード不要に

スポンサーリンク

Y!mobileのAndroid向けSIMカード(n101)を、SIMロック解除したドコモのiPhone 8と組み合わせて利用する際、従来は必要だったAPN構成プロファイルのダウンロード&インストールが不要になり、SIMカードを挿しただけでデータ通信が利用可能になっていた。

■Y!mobileのAndroid向けSIMカードをSIMロック解除したiPhone 8で使う
Y!mobileのAndroid向けSIMカードをSIMロック解除したiPhone 8で使う
Y!mobileのAndroid向けSIMカードをSIMロック解除したiPhone 8で使う

こちらのエントリでご紹介の通り、Y!mobileのSIMカードはAndroid向けのSIMカードとiPhone向けのSIMカードがあり、従来はAndroid向けのSIMカードをiPhoneで利用する際には、APN構成プロファイルをダウンロードしての利用が必要だった。

2018年12月末に確認したところ、以下の二点が修正されていた。

・キャリア名の表示がSoftBank→Y!mobileに修正された
・APN構成プロファイルのダウンロード不要でインターネット接続可能に

なお、2019年1月10日時点でもY!mobileの公式Q&Aには他社で販売されたiPhoneを利用する場合はAPN構成プロファイルのダウンロードが必要。という内容が記載されている。

[iPhone]他社が販売する iPhone をワイモバイルで利用するにはどうしたらいいですか?|よくあるご質問(FAQ)|Y!mobile – 格安SIM・スマホはワイモバイルで

[iPhone]他社が販売する iPhone をワイモバイルで利用するにはどうしたらいいですか?

ワイモバイルのUSIMカードで他社が販売する iPhone をご利用いただく場合は、Safariより構成プロファイルをダウンロードしていただく必要がございます。

過去のエントリに対するコメントによると、iOS 12.1.1以降のiPhoneでは2018年モデルのiPhone XS/XS Max/XRを除いて、Y!mobileのAndroid向けSIMカード(n101)とiPhoneの組み合わせでAPN構成プロファイルのインストールが不要となった模様。

よって、正常にインターネット接続ができない場合の手段としてAPN構成プロファイルのダウンロード&インストールについては認識しておいた方が良いけれど、その手続が不要で使える機種が増えているのは手間が省けて嬉しいところ。

APN構成プロファイルのダウンロードは以下にて
APN設定用の構成プロファイルについて|その他のサービス|サービス|Y!mobile – 格安SIM・スマホはワイモバイルで
※iPhoneのSafariからの閲覧でAPN構成プロファイルがダウンロード可能。

iPhone 8(iOS 12.1.1)で試す限り、テザリング(インターネット共有)も問題無く利用できている。

Y!mobileのSIMカード単体契約は、ワイモバイルショップやワイモバイルオンラインストアにて申込可能。
スマホプラン(USIMカード単体契約の場合)