買取するドコモ端末のSIMロック解除は30%未満、買取店がツイート

スポンサーリンク

携帯電話・スマートフォンなどのデジタルガジェットを取扱いする「イオシス」によると、同店で買取したドコモのスマートフォン・タブレットのうち、SIMロックが解除されている割合は2019年3月7日時点で27%、1年前の2018年3月7日は12%となっていたため、1年間で+15ポイントとなるものの、買取数に占める割合は30%未満とのこと。

イオシスのTwitterアカウントでのツイートは以下。

イオシスなど、中古スマートフォン・タブレットの買取を行う業者では、SIMロックが解除されていると査定金額(買取金額)を上乗せしているため、中古端末を売却するユーザーにとっては、基本的にはSIMロックを解除すべきであるにも関わらず、買取したドコモ端末の大半がSIMロック解除されていないのは個人的には意外。
→他店舗でも大きく変わらないのか、キャリアによってその割合が異なるのかなどなど、細かいデータが気になるところ。

イオシスでは、ドコモ・KDDI・ソフトバンクなどの通信事業者が販売するスマートフォン・タブレットをSIMロック解除することで、買取金額を最大20,000円上乗せするキャンペーンを行っており、買取店としてもSIMロック解除をした上で買取を希望している。

SIMロック解除済み 最大20,000円UP – 【イオシス買取】

お売りする対象のスマホ・タブレットを、キャリア(docomo、au、SoftBank、Y!mobileなど)にてSIMロック解除してからお売りしていただくと最大20,000円アップ!

ドコモのSIMロック解除は、ドコモのとの契約者本人が行えるほか、2019年2月20日から受付条件が緩和され、いわゆる中古端末・白ロムを購入した場合でもSIMロック解除を受付している。オンラインでSIMロック解除を行うとSIMロック解除手数料は無料。

ドコモSIMロック解除は「ドコモオンライン手続き」から。手数料無料