ICカード1枚で国内8都市・1,000箇所でシェアバイクの利用可能に、ドコモ・バイクシェアのID連携が本格開始

スポンサーリンク

ドコモ・バイクシェアは、全国各都市で提供中のシェアバイクサービスを、1つのIDで利用可能とするID連携サービスを2019年4月8日(月)より本格提供する。

ドコモ・バイクシェアのID連携は、2019年2月28日から、仙台、横浜、大阪、奈良、広島を対象にスタートしており、4月8日には対象エリアに東京、川崎を加えて本格スタートする。

ドコモ・バイクシェアのID連携は以下にて。

ドコモ・バイクシェア|いつものユーザIDでほかのエリアでもご利用できます
お持ちのユーザIDでほかのエリアの自転車が利用できます!

ID連携の開始に伴い、従来は各都市ごとに個別にIDを登録して利用する必要があったシェアバイクサービスが、(ID連携対応エリア内では)アカウントの再登録などの手間なしにサービスを利用できる。

ドコモ・バイクシェアのサービスは、自転車をレンタルする際の「カギ」(会員証)として、FeliCaが搭載されているおサイフケータイ対応スマートフォンや、Suicaなどの交通系電子マネーを登録できる。交通系電子マネーなどを会員証登録しておけば、1枚のICカードで東京・大阪・仙台など各地のシェアバイクが使えるようになる。

普段使っているエリアで月額会員登録している場合でも、エリア外での利用については1回会員として、サービスの利用料金が発生する。(定期券の定期圏内/外のイメージ)

■仙台エリア「DATE BIKE」
仙台市内の「DATE BIKE」

■大阪エリア「大阪バイクシェア」
大阪バイクシェア

ID連携に対応する8都市のサービスを合計すると、全国約1,000箇所のポートでシェアバイクが利用可能になる。規模が最も大きいのは東京都内(10区)で利用できる、ちよくる(等)で、ポート数は約650箇所。

ドコモ・バイクシェアのID(アカウント)連携対応エリア

2019年2月28日からID(アカウント)連携対応
エリア サービス名 ポート数 料金
仙台 DATEBIKE 約70 60分 150円
以降 30分毎に100円
横浜 baybike 約80 30分 150円
以降 30分毎に150円
大阪 大阪バイクシェア 約100 30分 150円
以降 30分毎に100円
奈良 奈良バイクシェア 約35 30分 150円
以降 30分毎に100円
広島 ぴーすくる 約50 30分 150円
以降 30分毎に100円
2019年4月8日からID(アカウント)連携対応
エリア サービス名 ポート数 料金
東京 ちよくる(等) 約650 30分 150円
以降 30分毎に100円
川崎 川崎バイクシェア 約15 30分 150円
以降 30分毎に100円
2019年4月26日からID(アカウント)連携対応
札幌 ポロクル 40カ所以上 60分 150円
以降 30分毎に100円

※料金は税別
※ポート数は2019年4月5日時点
※練馬区(東京都)は割愛

中国系のシェアバイクサービスが苦境に陥る反面、ドコモ・バイクシェアによるサービスは国内で拡大を続けており、東京都内に関しては2018年3月末→2019年3月末の間に、ポート数が約450箇所→650箇所に拡大、2019年1月には目黒区でもサービスを提供開始している。

■ポートマップ(東京)
ポートマップ(東京)

ユーザー視点で考えれば「使えてアタリマエ」とも言えるけれど、これまでは都市別に会員登録が必要だったサービスが、都市毎の会員登録が不要になったのは嬉しいところ。

イメージ的には、全国の鉄道・バスなどが1枚のICカードで乗車できるようになる全国交通系ICカード相互利用サービスのようなイメージ。(と言うほど、大規模なものではないけれど…。)

ドコモ・バイクシェアのWebサイトは以下にて。
トップページ | 株式会社ドコモ・バイクシェア