沖縄「ゆいレール」がSuica・ICOCA・SUGOCA等のICカードに対応、2020年春から

スポンサーリンク

沖縄都市モノレールは、2020年春を目処に「Suica」をはじめとする交通系ICカードに対応することを発表。対応予定の交通系ICカードは、Suica、PASMO、Kitaca、manaca、TOICA、PiTaPa、ICOCA、はやかけん、nimoca、SUGOCAの10種。

沖縄都市モノレールのお知らせは以下にて。

「Suica」サービスを開始します|ゆいレール

沖縄都市モノレール株式会社では、東日本旅客鉄道株式会社と「Suica」利用の協議を進めてまいりましたが、令和2年春、沖縄都市モノレール線における利用開始が決定しましたのでお知らせいたします。

■ゆいレール
ゆいレール

ゆいレールでは、ICカード「OKICA」を発行していたものの、同カードは沖縄県内のゆいレール・バスが対応するにとどまるため、観光で沖縄を訪れる旅行客にとっては不便だった。

■ゆいレールで使えるICカード「OKICA」
ゆいレールで使えるICカード「OKICA」

2020年春には、全国の主要なICカードに対応するため、沖縄県外の観光客がゆいレールを利用する際の不便がひとつ解消する。

■対応予定のICカード
Suica(首都圏)
PASMO(首都圏)
Kitaca(北海道)
manaca(名古屋)
TOICA(東海)
PiTaPa(関西)
ICOCA(関西)
はやかけん(福岡)
nimoca(九州)
SUGOCA(九州)
※()内は主なエリア