【ドコモ】親のFOMAケータイをspモードケータイに一括1円で機種変更した

スポンサーリンク

親(60代)が使っているドコモのFOMAケータイを4G LTEに対応するspモードケータイ(/いわゆるガラホ)に機種変更したので、料金プランや変更に伴う手数料のメモ。

購入した機種は、2019年発売のAQUOS ケータイ SH-02L。本体代金は通常約35,000円のところ、東京都内のヨドバシカメラではFOMAケータイからの機種変更で本体価格が一括1円になった。
※本体価格は取扱い店によって異なる。

■FOMA→4G LTEケータイに機種変更で一括1円
FOMAケータイ→4G LTEケータイに機種変更

その他、契約変更(FOMA→Xi)に伴う変更手数料として税別3,000円が次回の月額料金の支払いに加算される。

料金プランは、音声通話定額の「カケホーダイ」からの移行で「ケータイプラン + 音声定額オプション」で契約。

ケータイプランの月額料金(定期契約またはdカードお支払割の適用後)は1,200円からで、利用可能なデータ通信量は月間100MB、音声通話定額オプション「かけ放題オプション」が1,700円、通話定額を含めた月額料金は2,900円になる。
※spモードの利用料金は基本料金に含まれている。

■ケータイプランの月額料金
基本料金:1,370円
月額割引:▲170円(定期契約またはdカードお支払割)
かけ放題オプション:1,700円
——————————————-
月額料金:2,900円
※各種料金は税別。

ヨドバシカメラにて本体購入後、ドコモショップに設置されている「DOCOPY(ドコピー)」を使って、これまで使っていたケータイ(SH-03E)からspモードケータイ(SH-02L)にデータ移行。

spモードケータイへのデータ移行で多少戸惑ったのは、SH-02L側の「USBデバッグを有効」に設定する操作。この設定も、DOCOPY上で詳細なフローが表示されるので、画面上の説明をよく読んで操作すればさほど困ることは無い。(良く読まずに手続したところ、何度かエラーを吐いた。)

■ドコモショップの「DOCOPY」でデータ転送
ドコモショップに設置された「DOCOPY」でデータ転送

ドコモの公式オンラインストアは以下にて。
ドコモオンラインショップ