【スカイマーク】羽田夜発を増便、羽田21:15→神戸22:30着、羽田↔新千歳も深夜便を設定

スポンサーリンク

スカイマークは、2020年夏ダイヤ(3月29日〜10月24日)を発表。

羽田空港↔神戸空港間には、羽田空港を21:15に出発、神戸空港を22:30に到着する便が新たに設定される。

■羽田21:15発→神戸22:30着
羽田21:15発→神戸22:30着

従来の羽田空港→神戸空港最終便(20:05発)と比べて70分遅い出発で、東京の滞在時間を有効活用しやすくなる。なお、神戸空港→三宮方面のポートライナーの最終は神戸空港23:45発なので、ポートライナーの最終便には余裕で間に合う計算(定刻ベースで1時間以上余裕がある)。

その他増便する便は、神戸↔沖縄(那覇)も1日3往復→5往復に、神戸↔札幌(新千歳)も増便される。

羽田↔新千歳空港間には2019年と同様に深夜便が設定される。

■札幌→羽田は深夜便も
札幌→羽田は深夜便も

新千歳→羽田の深夜便(02:00羽田着)に搭乗してから、国際線ターミナルまでタクシー移動→都心部までバスで移動した話は以下エントリにて。

スカイマーク深夜便で羽田空港国内線→国際線までタクシー→深夜バスで都心に移動してみた
羽田空港に午前2時に到着する、スカイマークの羽田深夜着便で国内線ターミナルに到着後に、国際線ターミナルまでタクシーで移動+国際線ターミナルから深夜バスで移動したのでメモ。 ■スカイマークの新千歳→羽田深夜便で移動 スカイマークの新千歳→羽田の深夜便は2便設定されて...

一部ウワサされていた、神戸〜下地島線の就航は発表なし。