Googleフォト「圧縮画像は容量無制限」を終了。2021年6月1日から仕様変更

スポンサーリンク

Googleは、「Googleフォト」にアップロードしたファイルについて、これまで圧縮した画像はストレージ容量を消費しない仕様となっており、無制限に保存することができた。

2021年6月1日からはこの仕様が変更され、高画質(圧縮済み)の画像や、一部地域で利用できるエクスプレス画質の写真と動画についても、通常のファイルと同様にストレージ容量を消費する。

なお、2021年6月1日以前にアップロードされた高画質(圧縮済み)の画像や、エクスプレス画質の写真・動画については同日以降もストレージを消費しない。ストレージを消費するのは「2021年6月1日の仕様変更以降」の話。

Googleフォトのストレージに関する変更は以下にて。

Google フォトのストレージに関する変更 – Google フォト ヘルプ

2021 年 6 月 1 日以降、高画質とエクスプレス画質のコンテンツは Google アカウントの保存容量を使用するようになります。保存容量の上限に達した場合は、Google One(利用可能な場合)で追加の保存容量をご購入いただくか、コンテンツを削除してフォトの無料の保存容量を引き続きご利用ください。

Googleフォトにログイン後のページには、今回のストレージの消費ポリシー変更に関する変更の理由説明や、現在の保存容量を使い切るペースの予測が表示される。

■変更の理由、容量を使い切るタイミングの予測など
変更の理由、容量を使い切るタイミングの予測など

Googleのストレージは、通常15GBまで無料。「Google One」の有料プランを契約すると、100GBが月額250円、2TBが月額1,160円、10TBが6,500円、20TBが13,000円で利用できる。

■Google One有料プラン
Google One有料プラン

Amazonプライム会員向けの無料サービス「Amazon Photos」では、圧縮していない画像を含めて、写真については保存容量が無制限なので、Googleフォトの仕様変更後のストレージとして有力候補になるかも。
※Amazonプライムは月額500円、年会費4,900円。

「Amazon Photos」は以下にて。
Amazon Photos