MNPガイドライン改正で転出手数料が原則無料化、2021年春から

スポンサーリンク

ドコモ、ソフトバンクは2021年春(ドコモは4月1日から、ソフトバンクは春)から、MNP転出時の手数料を完全に無料化する。

総務省の「携帯電話およびPHSの番号ポータビリティ(MNP)の実施に関するガイドライン」が2021年4月1日に改正されることに伴う対応。改正後のガイドラインではMNP転出時の手数料を原則無料化が義務付けられる。

ガイドラインでは店頭やコールセンターで対応する場合には、人件費が発生するなどの点を考慮して税別1,000円までの手数料を設けることを容認しているものの、ドコモおよびソフトバンクでは店頭やコールセンターでも手数料を撤廃する。
※KDDIは2020年12月18日時点で未発表、ドコモとソフトバンクに近い対応が予想される。

■MNP転出手数料を撤廃

手続方法 ドコモ KDDI ソフトバンク
オンライン手続 2021年4月に撤廃 未発表 2021年春に撤廃
ショップでの手続 2021年4月に撤廃 未発表 2021年春に撤廃
電話での手続 2021年4月に撤廃 未発表 2021年春に撤廃

■MNP転出時のフロー(Web)
MNP転出時のフロー(Web)

■MNP転出時のフロー(電話・店頭)
MNP転出時のフロー(電話・店頭)