札幌市のシェアサイクル「ポロクル」、2021年シーズンは4月10日スタート・初乗りを60分→30分に縮小

スポンサーリンク

札幌市で展開中のシェアサイクル「ポロクル」は、2021年シーズンの営業を案内。

【プレスリリース】4月10日(土)より『ポロクル』2021年度営業スタート! | ポロクル

2021年度の営業期間は、4月10日(土) 〜 11月14日(日)で、営業期間を従来から2週間延長している。また、個人向けプランでは1回会員と月額会員が最初の料金で自転車に乗れる時間を60分→30分に短縮する。

■札幌市内のポロクル

ポロクルは、2019年よりドコモ・バイクシェアとの共同運営のトライアルを2年間行い、2021年からは本格的な連携をスタートする。

ポロクルがWebサイトで公開している利用実績によると、2020年度の累計会員登録者数は、前年の約15,000件から28,000件へと大幅に増加し、年度別の利用回数も約20万回(2019)から約31.8万回(2020年)へと急拡大している。

2021年シーズンは、新たに札幌市内の一部ローソンにポートが設置される。4月6日の時点では、市内3店舗にポートを設置する予定。

ポロクル:2021年シーズンの営業

項目 2021年度 2020年度
自転車台数 400台 400台
ポート数 50箇所(営業開始時点) 48箇所(営業終了時点)
営業期間 4/10 – 11/14 4/10 – 10/31
営業時間 24時間 24時間
個人向けプラン ■1回会員
最初の30分 165円
■月額会員
基本料金 2,200円
最初の30分は何度でも0円
■1回会員
最初の30分 165円
■月額会員
基本料金 2,200円
最初の60分は何度でも0円

※料金は税込