【楽天モバイル】iPhone 6s以降に正式対応、楽天回線の全機能が利用可能に

スポンサーリンク

楽天モバイルは、2021年4月27日よりiPhone 6s以降のiPhoneに正式に対応した。

楽天モバイルのお知らせによると、iOS 14.4以降かつキャリア設定をアップデートすることで、楽天回線の全ての機能が利用できるようになる。とのこと。

楽天モバイルのお知らせは以下にて。

iOS14.4以降を搭載するiPhoneの楽天回線対応について

2021年4月27日(火)より、iOS14.4以降に対応する最新のキャリア設定が順次配信されます。
これにより、iOS14.4以降を搭載し、キャリア設定アップデートを実施した以下に記載のiPhoneで、楽天回線のすべての機能をご利用いただけるようになります。

■キャリア設定のバージョン
iOS 14.5の場合:Rakuten 46.1
iOS 14.4以前の場合:Rakuten 45.1

■利用できる機能
楽天モバイル回線の全機能

■楽天モバイル対応のiPhone
iPhone 12 / 12 mini / 12 Pro / 12 Pro Max
iPhone SE(第1世代 / 第2世代)
iPhone 11 / 11 Pro / 11 Pro Max
iPhone XR / XS / XS Max
iPhone 8 / 8 Plus / X
iPhone 7 / 7 Plus
iPhone 6s / 6s Plus
※iPhone 6以前のiPhoneについては対象外

■キャリアアップデートでiPhoneに正式対応
UntitledImage

iPhone 6s/ 6s Plus、iPhone 7/ 7Plus、iPhone SE(第1世代)は、iOS 14.5にアップデートすると、緊急通報(110/118/119への電話)時に高精度な位置情報の測位に対応する。

5Gに対応するiPhone 12シリーズでは、楽天モバイルの5Gサービスも利用可能。日本国内向けのiPhone 12では、楽天モバイルの5Gサービスのうち、sub6の周波数帯に対応している。

5Gサービスエリアマップ – 楽天モバイル

■5Gエリア内なら5G通信も利用可能に
UntitledImage

ただし、自社エリア↔パートナーエリア(au)の自動切り替えについては、iPhone 12シリーズ以外では正常に動作しないことがあり、その場合は機内モードのON/OFFや端末再起動によって解決する場合がある。としている。

なお、iOS14.4または14.5を搭載した場合でも、iPhone 12 Pro/iPhone 12 Pro Max/iPhone 12/iPhone 12 miniを除くモデルでは、楽天回線とパートナー回線の自動切り替え機能がご利用いただけないことがございますが、機内モードのオン/オフ切り替えや製品の再起動により解決する場合がございます。

楽天モバイルでは、従来よりiPhoneの基本的な機能(通話・データ通信・テザリング)は利用可能ながらも、iPhoneを発売する通信事業者ではないため、5Gサービスが利用できない、手動でAPN設定が必要、緊急地震速報などの緊急速報を受け取れないなどの制限があった。

今回、楽天モバイルがiPhoneを発売することで、既に発売済のiPhoneを含めて、楽天回線に正式に対応(iOS 14.4以降が条件)するのは嬉しいところ。

楽天モバイルのサービス詳細・申込みは以下にて。