「 台湾 」一覧

チャイナエアライン、受託手荷物なしでLCC並の運賃を新発売 – 成田-台北往復総額が約2万円、片道でも割引適用ok

チャイナエアライン、受託手荷物なしでLCC並の運賃を新発売 – 成田-台北往復総額が約2万円、片道でも割引適用ok

台湾の航空会社「チャイナエアライン」(中華航空)は、受託手荷物を有料化し、7kg以内の機内持込荷物のみにすることで航空運賃を抑える「楽GO」運賃を、日本発にも設定。日本発台湾の航空券が片道7,300円・往復14,500円にて購入可能となる。 チャイナエアラインの「楽GO」運...

【台湾】トランスアジア(復興)航空が会社解散により全便で運航不可能に – 購入済み航空券は他社便振替・払戻対応

【台湾】トランスアジア(復興)航空が会社解散により全便で運航不可能に – 購入済み航空券は他社便振替・払戻対応

台湾の航空会社、トランスアジア航空(復興航空)は、11月22日(火)に臨時の取締役会を開催、会社を解散することを正式に発表すると共に、未定となっていた11月23日(水)以降のフライトについては全てキャンセルとすることを発表。 トランスアジア航空は、購入済みの航空券の払戻または他...

NO IMAGE

LCCも対象・台湾行き航空券を4名同時予約で1名分無料!台湾観光局主催のキャンペーンがスタート

台湾の航空会社各社は、台湾行きの航空券を4名同時予約すると1名分が無料となるキャンペーンを開催。キャンペーン名称などなどは航空会社によって異なるものの、基本的にはキャンペーン内容は同一。対象となる搭乗期間は2017年1月31日まで。年末年始などの繁忙期はキャンペーン対象外。 エ...

全便欠航の台湾トランスアジア航空が22日(火)に臨時取締役会を開催、今後の対応を発表へ

全便欠航の台湾トランスアジア航空が22日(火)に臨時取締役会を開催、今後の対応を発表へ

台湾の航空会社「トランスアジア航空」(復興航空)は、11月22日(火)に運行予定のフライトを全便欠航とすることを、前日21日(月)の夕方に急遽発表。欠航などの影響は23日(水)以降も継続する可能性があるものの、22日(火) 07:00の時点ではトランスアジア航空から正式なお知らせ...

【台湾】復興航空が11月22日(火)の日本-台北全便を欠航を発表、倒産の可能性も

【台湾】復興航空が11月22日(火)の日本-台北全便を欠航を発表、倒産の可能性も

台湾の航空会社「復興航空」(トランスアジア航空)は、2016年11月22日(火)の日本-台北路線の全便を欠航することを緊急発表、同日の予約を持っている乗客に対して全額返金の手続を受付している。また、旅行会社経由で同社の航空券を予約済みの方は、航空会社へ連絡するようにアナウンスを行...

モバイルWi-Fiルータ「MR05LN」を台湾・中華電信のプリペイドSIMで使う:4G LTEデータ通信対応、空港限定プランならデータ通信量無制限

モバイルWi-Fiルータ「MR05LN」を台湾・中華電信のプリペイドSIMで使う:4G LTEデータ通信対応、空港限定プランならデータ通信量無制限

NECプラットフォームズのモバイルWi-Fiルータ「MR05LN」を台湾の通信事業者「中華電信」のプリペイドSIMで使ってみた。 ■モバイルWi-Fiルータ「MR05LN」を中華電信のプリペイドSIMで使う 台湾の中華電信のプリペイドSIMカードは、台北の桃園空港・松山空...

台北駅-桃園空港を結ぶ國光客運のバス「1819系」が乗り場移転、半屋外・台北西駅から約10分の距離に注意

台北駅-桃園空港を結ぶ國光客運のバス「1819系」が乗り場移転、半屋外・台北西駅から約10分の距離に注意

台湾のバス会社「國光客運」の運行する桃園空港 - 台北駅を結ぶバス(1819系)の乗り場が2016年10月30日より台北駅東三門へと移転。移転後に実際に1819系のバスで台北駅↔桃園空港を往復してみたのでレポート。 ■新しいバス乗り場は台北駅東三門 新しいバス乗り場である「...