「 フリーテル 」一覧

6カ月で約40店舗に拡大の「フリーテルショップ」9店舗が既に閉店

6カ月で約40店舗に拡大の「フリーテルショップ」9店舗が既に閉店

プラスワン・マーケティングの展開するMVNOサービス「FREETEL」の専門ショップである「フリーテルショップ」の開店・閉店状況を調べてみると、2017年3月1日に第1弾となるショップがオープンして以来、およそ6カ月間で42店舗がオープンしている一方で、うち9店舗が既に閉店となっ...

フリーテル、毎週実施の「回線増速マラソン」をリタイア、今後は不定期に増強へ

フリーテル、毎週実施の「回線増速マラソン」をリタイア、今後は不定期に増強へ

プラスワン・マーケティングは、「フリーテル」(FREETEL)ブランドで提供中のMVNOサービスについて、毎週実施していた回戦増強を2017年6月で終了し、2017年7月以降は「回線の利用状況に応じて不定期に実施」することを発表。 フリーテルのお知らせは以下にて。 回...

【更新あり】FREETEL訪日外国人向けプリペイドSIM、パッケージの「SNS無料は一部に限定」注記は外国語ナシ

【更新あり】FREETEL訪日外国人向けプリペイドSIM、パッケージの「SNS無料は一部に限定」注記は外国語ナシ

2017.6.23 追記 その後、店頭パッケージでも多言語で「SNS無料は一部」という旨の注意書きが記載されていることが確認できた。 ■「SNS無料は一部」の注意書きが外国語でも記載される 家電量販店にて販売されている、FREETELの訪日外国人向けプリペイドSIM「...

フリーテル「業界最速」「シェアNo.1」「SNS無料」誤認を排除するための周知、ARIA2問題も改めて告知

フリーテル「業界最速」「シェアNo.1」「SNS無料」誤認を排除するための周知、ARIA2問題も改めて告知

プラスワン・マーケティングは、MVNOサービス「FREETEL」において、「業界最速の通信速度」、「SIM販売シェアNo.1」、「各種SNS利用時のデータ通信が無料」とする広告内容が、優良誤認または有利誤認にあたり、景品表示法違反であると消費者庁より措置命令を受けたことから、一般...

フリーテル、プリペイドSIM向け「データ通信無料」の詳細情報を公開、無料対象アプリも規定データ量到達後は通信低速化

フリーテル、プリペイドSIM向け「データ通信無料」の詳細情報を公開、無料対象アプリも規定データ量到達後は通信低速化

プラスワン・マーケティングは、MVNOサービス「FREETEL」ブランドで提供するプリペイドSIMサービス「FREETEL Prepaid Data SIM for Japan」において、非課金対象範囲(無料対象となる範囲)に関する情報を従来より詳細に表示したことを発表。 これ...

スピードテストとは乖離も、ITmediaがMVNO混雑時間帯の実力をYouTube動画再生でチェック

スピードテストとは乖離も、ITmediaがMVNO混雑時間帯の実力をYouTube動画再生でチェック

ITmedia Mobileは、毎月定例で行っているMVNOサービスの通信速度測定にて、スピードテストアプリでの計測に加えて、混雑時間帯にYouTubeの動画再生がどれだけスムーズにできるか?および、実際の通信中の速度を表示するアプリケーション「通信速度モニター」で表示される通信...

フリーテル、総合カタログ配布を一時中止「内容に誤りがあったため」 – 消費者庁の措置命令が影響か

フリーテル、総合カタログ配布を一時中止「内容に誤りがあったため」 – 消費者庁の措置命令が影響か

プラスワン・マーケティングの提供するMVNOサービス「FREETEL」が家電量販店などの店頭で配布している総合カタログ(最新号は佐々木希さんが表紙のもの)の店頭配布が一時中止となっていた。 ■FREETEL総合カタログが店頭から姿を消した 家電量販店の店頭でスタッフに確認し...