「 下取りプログラム 」一覧

【ドコモ】下取りプログラムでタブレット旧モデルの下取り額を最大約1万円増額

【ドコモ】下取りプログラムでタブレット旧モデルの下取り額を最大約1万円増額

ドコモは、2017年11月22日(水)より下取りプログラムによる下取り額を変更。 今回の下取り額変更では、過去に発売したタブレットの下取り額が最大で約10,000円増額している。(高く下取りされることで、お得になっている。) ドコモの下取りプログラムに関する詳細は以下にて。 ...

【ドコモ】下取りプログラムの条件を変更、機種変更時の他社端末下取りを終了、ドコモ端末は機種変更時のみ下取り可能に

【ドコモ】下取りプログラムの条件を変更、機種変更時の他社端末下取りを終了、ドコモ端末は機種変更時のみ下取り可能に

ドコモは、MNP・新規契約・機種変更時にこれまで使っていた機種を下取りする「下取りプログラム」の下取り条件を6月1日より変更。 機種変更時の他社端末下取りが受付されなくなる(MNPまたは新規契約時のみ受付)ほか、MNPまたは新規契約時であっても、従来可能だった「後日の端末下取り...

ワイモバイル:フィーチャーフォン9,600円下取りを3月末まで継続!PHSは下取り対象外に

ワイモバイル:フィーチャーフォン9,600円下取りを3月末まで継続!PHSは下取り対象外に

ワイモバイルは、下取りプログラムにてフィーチャーフォン下取り価格9,600円を2017年3月31日まで継続することを発表。一方で、契約変更時に下取り対象となっていたPHSの下取りは2017年1月末を以て終了となっている。(今後再開されるのかは不明) ■ワイモバイル「ガラケー下取...

【ドコモ】機種変更で一括価格が安いケータイ・Android・iPhoneをまとめて紹介

【ドコモ】機種変更で一括価格が安いケータイ・Android・iPhoneをまとめて紹介

ドコモが開催中の各種キャンペーンによリ機種変更で一括価格が安くなっている機種を、価格帯別にまとめてご紹介。 ここで紹介する特価機種は全て端末購入サポートによる割引対象となっているので、端末購入の翌月から12カ月以内に再度機種変更や回線解約を行った場合、割引額の半額を解除料として...

ワイモバイル「下取プログラム」は店舗も郵送も手数料無料

ワイモバイル「下取プログラム」は店舗も郵送も手数料無料

少し前に公開したエントリにて、ワイモバイルの「下取プログラム」は、店舗での下取は1,000円/回線、郵送での下取は100円/回線の手数料が発生する。と紹介したけれど、これは下取を申込した店舗(ヨドバシAkibaのワイモバイル)の誤案内で、正しくは下取プログラムの利用に係る手数料に...

ドコモ、iPhone 5s下取上限1.5万円を1月末まで継続、iPhone SEへの機種変更が「ほぼ一括0円」から

ドコモ、iPhone 5s下取上限1.5万円を1月末まで継続、iPhone SEへの機種変更が「ほぼ一括0円」から

ドコモは「下取プログラム」にて、ドコモおよび他社が販売したiPhone 5sの下取価格上限1.5万円を1月末まで継続することを発表。2017年1月10日(火)付けで発表された下取価格では、基本的に多くの機種で下取価格が1月末まで据置となった模様。 ■ドコモ:iPhone 5...